ちしきの金曜日 2014年8月29日
 

農村を走る学園都市線に乗ってきた

学園都市線の典型的な沿線風景
学園都市線の典型的な沿線風景
初めて知ったのは時刻表の路線図だっただろうか、北海道の札幌から北に延びる路線がずっと気になっていた。駅が30近くあって、終点までほかの路線にまったく接しない行き止まり路線なのだ。

その路線の名は札沼線。だけど今回改めて地図を見てみたら学園都市線という名前になっていた。

沿線はどんな風景なのか、終点の駅はどんな雰囲気なのか。気になったので乗ってきた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「「もりみず」それはふれあいの言葉」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


途中で路線図のノリが変わる

学園都市線は札幌駅を出ると西に進み、隣の桑園駅で北向きに進路を変えて函館本線と分かれ、あとはどの路線と接することもなく石狩川沿いを終点の新十津川駅までおよそ76km走る。
上の段が学園都市線。途中で色や大きさが変わってるのが気になる
上の段が学園都市線。途中で色や大きさが変わってるのが気になる
前半は現代風の駅名が並ぶが...
前半は現代風の駅名が並ぶが...
色が変わって小さくなった後半は駅名も野性味を帯びてくる
色が変わって小さくなった後半は駅名も野性味を帯びてくる
切符を買ってホームに行くと、そこにはいかにも学園都市を走ってそうな感じのシルバーの小綺麗な電車が停まっていた。昼間で20分おき、朝晩は15分おきと本数もそれなりにある。
その名に偽りのない学園都市を走ってそう感
その名に偽りのない学園都市を走ってそう感
なぜか終点まで直通の列車はなく途中で乗り換えが必要
なぜか終点まで直通の列車はなく途中で乗り換えが必要
終点までまっすぐ1本の路線だけど、なぜか終点まで直通の列車はなく、ちょうど路線図に色がついていて大きな字の駅までの列車と、そこから終点までの列車に分かれているようだ。なんだこのノリの違いは。

やがて電車は札幌駅を発車。車内は明らかに沿線の大学に通う風の若者のほか、お年寄りやサラリーマンなどで席はほとんど埋まっていた。
高架の札幌駅を出発
高架の札幌駅を出発
スキーのジャンプ台が見えた。さすが札幌!
スキーのジャンプ台が見えた。さすが札幌!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓