ちしきの金曜日 2014年8月29日
 

農村を走る学園都市線に乗ってきた

何の変哲もない通勤路線

札幌を出発した列車はビルが建ち並ぶ街中を高架で進み、隣の桑園駅を出ると右に大きくカーブして、小樽の方に向かう函館本線から離れて行く。
いよいよ学園都市線独り立ちのとき
いよいよ学園都市線独り立ちのとき
地平線まで住宅地が広がる
地平線まで住宅地が広がる
やがて車窓は一面の住宅地になり、線路の高さも徐々に下がってきた。駅の風景なんか東京近郊の通勤路線と何も変わらない感じ。ニュータウンっぽい駅名もあって、きっと沿線は札幌のベッドタウンとして開発されたんだろう。
いかにもベッドタウンという街並み
いかにもベッドタウンという街並み
線路が地上に降りた
線路が地上に降りた
駅の風景は東京の通勤路線とほとんど同じ
駅の風景は東京の通勤路線とほとんど同じ
でもときどき北海道らしい景色も挟み込む
でもときどき北海道らしい景色も挟み込む
ニュータウンぽい駅名もあったりして
ニュータウンぽい駅名もあったりして
その後列車は石狩川を渡る
その後列車は石狩川を渡る
都心から郊外へ、徐々に建物の高さが低くなり、密度が薄くなり、駅名が新しくなってきたところで、線路は長い鉄橋で石狩川を渡った。

すると、沿線の雰囲気が一変した。
人家がほとんどなくなり、広大な農地の先に鉄塔の列
人家がほとんどなくなり、広大な農地の先に鉄塔の列
車窓からは人家がほとんどなくなり、広大な敷地の農地が広がった。北海道がついに本気を出してきた感じである。

やがて列車は石狩当別駅に到着。この電車はもう1駅先の北海道医療大学駅が終着だけど、学園都市線の終点である新十津川駅に行く列車はここが始発なので、降りて乗り換えることにする。
札幌から乗ってきた電車とはここでお別れ
札幌から乗ってきた電車とはここでお別れ
ちょっとした基地のようなものもある
ちょっとした基地のようなものもある
ここまでやってきた。そして先はまだ長い...
ここまでやってきた。そして先はまだ長い...
乗り換えと言っても新十津川行きの出発まで1時間以上あるので、改札の外に出て石狩当別駅の周辺をぐるっと散歩してきたのだけど特にこれと言って見どころを見つけられず戻ってきた。

切符を買ってホームに戻ると、これから終点まで僕を運んでくれる列車が既にスタンバっていた。
1両編成のディーゼルカー!
1両編成のディーゼルカー!
ここに来るまでは6両編成の電車だったことを思えば、同じ路線なのに劇的な変化である。取り調べが血気盛んな若い刑事から温厚なベテラン刑事に交代したような落ち着きを感じる。

やがて時間になり、新十津川行きのディーゼルカーはエンジンの唸り声を響かせて重い腰を上げるように出発した。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓