フェティッシュの火曜日 2014年9月9日
 

人間には二種類ある。サングラスをかける者とかけない者だ

サングラスと私達の間にある溝
サングラスと私達の間にある溝
タモリ、そしてエグザイル。サングラスをかける者がいる。

なにを当たり前のことをとお思いだろう。しかし私はふざけて以外でサングラスをかけたことがない。かける者はかけるし、かけない者はかけない。

だが最近になってサングラスを買った人が周囲に出はじめた。あっ……もしかしてあれは良いものなんじゃないかと思い当たった。

かける者とかけざる者、私達はわかりあえるのか。かける側の方は何を大層なとお思いでしょうが、私サングラス、かけてみます。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます
> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

メガネ屋の意見をきこう

あれはやっぱりいいのだろうか。そう思ったらサングラスを売る人に説明してもらうのが一番いいだろう。

サングラスはこんなにいいんですよ。そんなサングラスのよさシャワーを全身に浴びて私の(あれはタモリなどの選ばれし人々のもの)という洗脳をといてもらうのだ。

さあサングラスに一体どんなよさがあるのか。新宿のメガネ屋をめぐった。
「そういえば昨日、こんな夢を見たんです。メガネをかけた桃太郎の背中に赤い文字で『信用』と書かれているんです……」 「あなたそれは夢ではありませんよ。メガネドラッグです」
「そういえば昨日、こんな夢を見たんです。メガネをかけた桃太郎の背中に赤い文字で『信用』と書かれているんです……」
「あなたそれは夢ではありませんよ。メガネドラッグです」

夢のメガネ店、メガネドラッグ

メガネをかけた桃太郎がいる。背中には大きく「信用」と書いてある。メガネドラッグである。

麻薬的にやめられないメガネなんだろうなと思っていたが、薬局がメガネを置きはじめたからメガネドラッグなんだそうだ。へ〜。

しかしまさかはじめてお世話になる日がサングラスだとは。桃太郎を信用してまずはメガネドラッグにきた。

店内に入るとサングラスコーナーがすぐそばにあった。感じる。サングラスのよさをびんびん感じる。サングラスのよさが滝のまわりのマイナスイオンのようにただよっている。

はたしてそのよさの正体とは。店員をよびとめてきいてみた。

「すいません、そもそもなんですがいいですかね…」
「はい」
「あの……サングラスってやっぱり良いんですか?」
「はい?」
紫外線から目を守るという機能がある。タモリとかエグザイルのことばかり考えてたけど機能もちゃんとあるのだ。
紫外線から目を守るという機能がある。タモリとかエグザイルのことばかり考えてたけど機能もちゃんとあるのだ。

みんなふざけてかけてるわけではない

店員が言うにはサングラスは紫外線から目を守ってくれると。紫外線は目に、とくに網膜によくないらしい。なるほどなあ。みんなふざけてかけてるわけじゃなかったのだなあ。

しかし紫外線が目に悪いといわれても今までの人生すべてそれですごしてきたわけだし……一体どのタイミングでみんな紫外線が気になるのだろうか。
パリにも店があるパリミキ。めーがーねーの♪ミーキー♪である
パリにも店があるパリミキ。めーがーねーの♪ミーキー♪である

パリミキ

二店目は高級感ただようパリミキ。西日本でいうメガネの三城。パリミキはちゃんとパリに店があるそうだ。それも40年前から。今ではロンドンにもディッセルドルフにもある。あと中国にむちゃくちゃある。HPで見た。

パリミキでもやはり機能としては目の保護が一番じゃないかという。そして「あとは圧倒的に楽です」と。楽なのか。タモリとかあれ全部楽だったのか。

「まぶしさっていうのは疲れちゃうんですよね、やっぱり」

ほほう。たしかにあれは疲れそうな気がする。目をぐわっと細めているわけだし。

「これなんかが一番有名な形ですけどね、かけてみますか?」
ふざけているのではない、試着をしているのである
ふざけているのではない、試着をしているのである

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓