フェティッシュの火曜日 2014年9月9日
 

ガーパイクで棒棒鶏を作ると美味い

美味いのよ。
美味いのよ。
以前、横浜の川でアリゲーターガーという北米原産の魚を釣り、丸焼きにして当サイトで食味をレポートした

素材の味自体は悪くはなかったが、出来上がった丸焼きは絶賛できるほどおいしいものでもなかった。あれから1年。素材を活かせなかった申し訳なさから、僕はあの魚をよりおいしく食べられる料理を考えてきた。その答えがバンバンジー、いやバンバンガーである。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

今回は原産地で捕まえよう

一年前に作ったガーパイク(アリゲーターガー)の丸焼き
一年前に作ったガーパイク(アリゲーターガー)の丸焼き
アリゲーターガーはガーパイク、あるいはガーと呼ばれる魚の一種である。大昔から姿を変えていないいわゆる「古代魚」で、確かにどこか恐竜じみた雰囲気の漂う容姿をしている。観賞魚としても人気だ。

味や肉質は七面鳥や鶏の胸肉にそっくりでとても魚とは思えず、最初に口にした際は大いに驚かされたものである。だが同時に、ちょっとパサパサしすぎていて、淡白な味付けの丸焼きでは一度にたくさん食べるのが辛いとも感じた。
まったく脂が乗ってないのだ。
まったく脂が乗ってないのだ。
そりゃそうだ。ただ焼いただけの鶏胸肉なんてすぐ飽きるだろう。

では、鶏胸肉にふさわしい調理を施してやればあのガー肉も今度こそおいしく食べられるのではないか。今度こそ正当な評価を下せるのではないか。

そんなこんなで棒棒鶏のタレを持ってガーパイクたちの故郷、アメリカへと飛ぶことになった。
現地ではタレを自作している余裕は無いであろうと判断。日本から出来合いのものを持ち込んだ。
現地ではタレを自作している余裕は無いであろうと判断。日本から出来合いのものを持ち込んだ。
実を言うと、何もこの企画のためだけに渡米したわけではない。魚好きの友人らとアメリカはオクラホマ州とテキサス州へ釣り旅行に行くことになったので、温めていたこのネタを便乗でやってみようということになったのだ。
ガーの棲む川
ガーの棲む川
魚釣りをメインに据えた、というかそれ以外はほぼ眼中にない旅行なので、基本的に水辺にしか寄り付かない。他水域への長距離移動時に釣具店やウォルマートには立ち寄るくらいで、観光地は一切スルーだ。
まず、釣具店で州ごとのフィッシングライセンス(遊漁許可証)を購入。
まず、釣具店で州ごとのフィッシングライセンス(遊漁許可証)を購入。
アメリカのお菓子は着色料が凄いと聞いていたが、釣り餌用の小魚もケミカルグリーンだった。
アメリカのお菓子は着色料が凄いと聞いていたが、釣り餌用の小魚もケミカルグリーンだった。

意外!日本でも見られる魚が多い

ところで、いざ水辺に立って釣りを始めると、意外なことに気づく。海外だというのに、見慣れた魚がけっこう多いのだ。
皆さんご存知ブラックバス(オオクチバス)に…
皆さんご存知ブラックバス(オオクチバス)に…
これまた御馴染みブルーギル。
これまた御馴染みブルーギル。
日本では外来魚として嫌われがちなブルーギルも、本国アメリカでは巨大なぬいぐるみが販売されるほど親しまれている。
日本では外来魚として嫌われがちなブルーギルも、本国アメリカでは巨大なぬいぐるみが販売されるほど親しまれている。
関東で大繁殖しているチャネルキャットフィッシュの本場でもある(写真はひょっとするとブルーキャットフィッシュの幼魚かも…)。
関東で大繁殖しているチャネルキャットフィッシュの本場でもある(写真はひょっとするとブルーキャットフィッシュの幼魚かも…)。
アリゲーターガーだけではない。ブラックバスにブルーギル、チャネルキャットフィッシュ…。アメリカは日本に住み着いてメディアを騒がせている多くの外来魚たちの故郷だったのだ。

さらに、見覚えのある顔は魚類以外にも。
ミドリガメことミシシッピアカミミガメ
ミドリガメことミシシッピアカミミガメ
友人はカミツキガメも捕獲していた
友人はカミツキガメも捕獲していた
日本でも繁殖しているミシシッピアカミミガメやカミツキガメの姿も見られた。日本の川で見かけると「うわぁ〜…。」と思ってしまいがちな彼らだが、本来の生息地で出会うとなかなか嬉しいものである。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓