はっけんの水曜日 2014年9月10日
 

歩きスマホは思った以上に危険

!
Ogaki Mini Maker Faire 2014という工作のイベントに出させていただくことになった。

折角なので何か作って持って行こう、でも何がいいだろう?と考えていると、ちょっと前に、道路に足をつけて歩かせる「歩く歩道」を作ったのを思い出した。そして、これを流用して簡単に作れそうな新作「歩きスマホ」というのを思いついた。

歩きスマホは危険です、って警告に引っ掛けてのアレだ。
1983年三重県生まれ、大阪在住の司法書士。 手土産を持参する際は消費期限当日の赤福で受け取る側に過度のプレッシャーを与える。
> 個人サイト owariyoshiaki.com

無機物に脚をつけることの熟達

以前、動く歩道のことを間違えて歩く歩道と言ってしまうので、実際に歩く歩道を作っちゃおう。という記事を書いた(動く歩道を歩く歩道)。
歩く歩道です。
歩く歩道です。
物を歩かせるのは、TAMIYA(プラモデルメーカー)の力で実現できるということが分かった。ならば、色々応用が効くであろう。

そこで作りたいのが、スマホを歩かせる「歩きスマホ」だ。
やっぱり歩きスマホってこういうことだよな。
やっぱり歩きスマホってこういうことだよな。
歩きスマホって呼び方が定着しているが、その言い方だと、スマホが歩いてるよな。って思っていたら大阪の駅で見つけた、このポスター。

やっぱり、歩きスマホってこういうことだし、このスマホ、歩きながらスマホいじってて歩きスマホの入れ子構造みたいになっていて凄い。
これが神(TAMIYA)の製品、メカマンモス。
これが神(TAMIYA)の製品、メカマンモス。
100均で買ったスマートホンホルダー。
100均で買ったスマートホンホルダー。
やはりスマホを歩かせれば歩きスマホだ。作るぞ。

例によって歩く機構はTAMIYA任せ。それに加えて100円均一のお店でスマートホンホルダーを買ってきた。これでもう出来たようなものだ。
歩きスマホだ。
歩きスマホだ。
ほら、出来た。無機物を歩かせるのは二度目なので手慣れたもの。こんなところでも経験というものは力になるのだ(これ以降どうなのかは知らない)。
ひっくり返ってからのバタバタ感には心が締め付けられるのは何故だろうか。
ひっくり返ってからのバタバタ感には心が締め付けられるのは何故だろうか。
が、上部が重いために歩かせてみるとすぐに倒れてしまった。倒れたあとにも懸命に歩こうとする姿に心を打たれる。ひたむきさへの感動は甲子園球児への思いと同じカテゴリだ(質とかは知りません)。
スマート。
スマート。
かわいい。
かわいい。
足が長くてどうにもバランスが悪かったので短くした。もう見慣れているので、短くなった方には「かわいくなったな」って感想しか抱かないのだが世間はどうなのだろうか。慣れ、常識というものは怖い。

これでなんとかコケずに歩けるようになりました。

歩きスマホは操作しながらでこそ

さて歩きスマホの形は出来上がったが、歩きスマホは歩きながら操作している!ダメ!って言うのがキモである。操作している感も出さなければ。
足があるんだから手もついてていいだろう。
足があるんだから手もついてていいだろう。
メカマンモスの頭部は左右に振りながら歩くというギミックがあるのでそこに手を付けたら正に操作しているように見えるだろう。
どうか?
どうか?
出来た。出来たのか。確かにパッと見、手がスマホを操作しようとしているように見え、なくもない。

が、その腕出てる部分は一体なんなんだよ。という思いにかられる。家にあった紙粘土で作ってみたが造形がよくわからない。
アカンアカンアカンアカン
アカンアカンアカンアカン
ならば、と思って紙粘土部分を体に見立てて頭部を付けてみたらどうか?とやってみたら、不穏な空気が流れだした。ここまで脚の生えた無機物を並べてきた私でもダメだと思うこの力、これはダメだ。
これで完成とします。
これで完成とします。
ということで歩きスマホはこの形状で歩くことにした。

さて、あとはこれに、危険な要素を付け加えて「歩きスマホは危険!」って言いたいんだけれど、どうしたら良いだろうか。

・駅のホーム的な装置を作って落とす
・歩きスマホを武装させて危険な感じを出す

など考えたが、いまいちパッとしないので、この状態でMakeに持って行ってモノづくりの猛者たちに意見を仰ぐ事にした。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓