コラボ企画 2014年9月24日
 

シュモクザメをおいしく食べるには

!
夏の大阪湾ではシュモクザメが釣れるらしいという噂を耳にした。大きく張り出した頭部が特徴の、いわゆるハンマーヘッドシャークというやつだ。

しかも今回の企画は大阪ガスのスマートコンロとのコラボのため、最新の調理機器が借りられるという。これは生きたシュモクザメを観察し、その上おいしくいただけるまたとないチャンスではないか。

いざ大阪へ!
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

サメポイントは港からたった40分

秋の足音が聞こえてきた8月31日。関西空港からほど近い泉佐野の港へとやって来た。

シュモクザメ釣りへはこの大阪の玄関口から出発するのだ。意外である。

しかも、驚いたことにサメが出現するポイントまではわずか40分しかかからないのだという。そんなに近場で!シュモクザメが!
大阪湾でシュモクザメ釣りのサービスを提供してくれる唯一の釣り船「SeaRide」。
大阪湾でシュモクザメ釣りのサービスを提供してくれる唯一の釣り船「SeaRide」。
予報では風が強く、前夜まで出船が危ぶまれたが、祈りが通じたのか当日朝にはなんとか釣りができる程度にまで落ち着いてくれた。

これは天が味方してくれているの違いない。きっとシュモクザメも釣れるだろう。
手とり足とりサメ釣りをガイドしてくださるSeaRideの野田船長。爽やかなナイスガイだ。
手とり足とりサメ釣りをガイドしてくださるSeaRideの野田船長。爽やかなナイスガイだ。
工場地帯を眺めながら、いざ出発!
工場地帯を眺めながら、いざ出発!
ポイントに着くと、さっそくエサを投入する。

スルメイカを丸ごと1パイ釣り針に掛け、潮の流れに任せて波間を漂わせるのだが、ここでサメ釣りの豪快なイメージにはふさわしくない面白い仕掛けが登場する。
エサにはスルメイカ、ウキにはゴム風船を使う。
エサにはスルメイカ、ウキにはゴム風船を使う。
ゴム風船である。しかも色とりどりのポップなやつ。これを釣糸に付けておくと、風の影響を受けやすくなるので、潮が動かない時間帯でも仕掛けがスムーズに流れてくれるのだ。

サメがエサに食いついたことを、水面で動いたり破裂したりすることで視覚的に知らせてくれるという副次的な役割もある。
なんだ、このファンシーな釣りは…。
なんだ、このファンシーな釣りは…。
ただし、潮が十分に速い場合は極力ゴム風船を外しておく。船長が言うには、シュモクザメはエサを咥えても風船の抵抗を感じると警戒してすぐに吐き出してしまうことがあるのだそうだ。意外と繊細だな。
よっしゃー!釣ったるぞー!!
よっしゃー!釣ったるぞー!!
個人的な話になってしまうが、僕がまだ小学生だった頃に父の知人が地元の海でシュモクザメを釣り上げたことがある。シュモクザメなんて図鑑か水族館でしか見られないものだと思い込んでいたので、非常に羨ましく思った。

僕もあのT字の頭をこの手で触ってみたいと思い、子供ながらに工夫して釣りに臨んでみたが、結局姿を見ることはできなかった。あの時の願いが今日叶うかもしれない!気合は十分だ。さあ、釣るぞ!触るぞ!食うぞ!
…ごめん、酔った。
…ごめん、酔った。
そんな具合に鼻息も荒く釣りを開始した直後である。突然まともに立っていられなくなった。気合が空まわって船酔いしたのだ。酔い止めまで飲んでおいたのに。

人生で3回目の船酔いである。僕が船に酔うのは決まって仕事が絡むような重要なシチュエーションである。「ここぞ!」というときに酔うのだ。勘弁してほしい。
3つの仕掛けが海面に漂う。メルヘンな光景だが、狙っているのはサメ。
3つの仕掛けが海面に漂う。メルヘンな光景だが、狙っているのはサメ。
釣りを初めて1時間ほど経ったが、サメはまだ釣れない。船長が言うには本来ならば背ビレを水面に出して泳いでいる姿がちらほら見えるらしいのだが。

「今年はもう群れが外洋に抜けちゃったのかもなー…。」と船長。海の魚を狙うのは、これがあるから怖い。

イカに噛み跡が!そして!

だが、あきらめるわけにはいかない。一旦仕切りなおそうと仕掛けを回収すると、同船していた友人のエサに異変が…!
イカが齧られている!この歯形は…サメだ!!
イカが齧られている!この歯形は…サメだ!!
針にしっかりと刺していたスルメイカがボロボロになっている。魚に齧られたのだ。しかも、かなり鋭い歯で噛み切られた跡がある。

この海域の水面直下でこんな芸当ができるのは奴しかいない!船酔いも一気に醒め、全員でただちに仕掛けを入れなおす。

すると…!
友人の仕掛けに掛かった!
友人の仕掛けに掛かった!
友人の流した黄色い風船が、引き波を立てて水面を走り出した!サメだ!シュモクザメが来たのだ!
カナヅチのくせに泳ぐの上手いじゃねえか!
カナヅチのくせに泳ぐの上手いじゃねえか!
友人が手に取った釣り竿が大きくしなる。しっかり針に掛かったようだ。

僕には応援しかできないが、どうか頑張ってくれ!これが最初で最後のチャンスかもしれないんだ!
無事にタモの中へ!
無事にタモの中へ!
格闘数分。サメは意外とスムーズに船のそばへ寄ってきた。竿を持ったのが僕なら、こうはいかなかったろうな。いやー、釣りの上手い友人を招集してよかった。

絶妙なタイミングで船長がタモを差し出すと、見事に入った!その頭の形は…T字だ!

食材を捕まえるところからがコラボ企画。


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓