ひらめきの月曜日 2014年9月15日
 

世界が輝いて見えるメガネ

!
メガネをある方法で加工すると世界がものすごく輝かしく見えることがわかりましたので、ご報告させていただきます。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。
> 個人サイト nomoonwalk

俺の世界は輝いている

数週間前に、急に気づいた。
俺、世界が輝いて見えている。
通常の世界
通常の世界
俺の世界
俺の世界
いま載せた写真はレンズに特殊なフィルタをつけて撮ったものではないし、カメラも一眼ではなくコンデジである。
ただひとつ、特殊なフィルタは使っていないが、これをレンズに当てている。
毎日かけてる、愛用のメガネ
毎日かけてる、愛用のメガネ
どうやら、これを通すと、何でもめちゃくちゃ輝いて見えるようなのである。
街灯のこの輝かしさ!
街灯のこの輝かしさ!

気づかなかった

これはもちろん写真に撮ったときだけではなくて、肉眼で見たときも同様に輝いてる。(写真の方がちょっとオーバーに輝く気はするけど、程度問題である)
オフィスビルが高級ホテルに見える
オフィスビルが高級ホテルに見える
しかし冒頭にも書いたんだけど、驚くべきことに、僕は毎日このメガネかけてるのに、数週間前までこの事実にまったく気づいていなかったのだ。
気づいた瞬間は本当にびっくりした。

「うわ、景色がめちゃくちゃ光っている!」

あなたが見ている世界は本当の世界ではない

最初にまず目の病気を疑い、ネットで検索してみたのだが特に似たような症状の病気は見つからない。ふと思いついてメガネをはずしてみたら、世界がいつもの世界に戻った。
なーんだ、オフィスビルか
なーんだ、オフィスビルか
この「気づいていなかった」という感覚がとても奇妙である。
まえから僕の目にはこういった光が星型になった世界が映っていたはずなのだが、だからといって僕は「街頭の光は星型だ」と思って生きていたわけではない。記憶の中の街頭の光は、ずっと丸型である。

目に映っているものと、脳で見えているものは違うのだ。

脳の仕業だ。網膜から入った星型の光は、脳のなんとか野まで到達するまでの間に、丸い光に補正されてしまう。きっと僕が「街頭の光は丸い」と思っていたからだろう。

その証拠に、「光が星型に見えてるぞ!」と気がついてからは、全ての光は脳に達するまで一切まるくなることはなく、星型に見えるようになった。

……正直、うっとうしいことこの上ない。気がつかなければよかった……。

もともと特別な……

そんなわけで、メガネ屋に持っていった。レンズ交換のためだ。どのグレードのレンズにするか選んで、どのくらいの期間がかかるかを聞いて。でも、いざお金を払う段階になって、急にもったいなくなってしまった。

こんなに世界が輝いて見えるメガネ、他にないかもしれないのだ。
ナンバーワンであり、オンリーワンでもある
ナンバーワンであり、オンリーワンでもある
お店で、何でこんなことになったんですかね、と聞いたところ、傷ですかねーと言われた。
光を当ててみると縦横無尽に細かい線が入っている。これか……
光を当ててみると縦横無尽に細かい線が入っている。これか……
と、ここまでが筆者の近況報告である。(えっ)

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓