フェティッシュの火曜日 2014年9月23日
 

伝説の巨大魚、タキタロウ調査隊に参加してきた

タキタロウ釣りに挑戦してみた

タキタロウ調査の2日目は、前日に引き続いてエコーサンダーによる魚影探しと、伊藤さんを中心とした環境調査。

外部から募集した調査隊は、元々5人の定員に対して8人が参加しているため、調査に必要な人数は十分足りているということで、今回の調査の予定にはなかったけれど、希望者はちょっと釣りでもしてみればという話になった。

なぜなら私が前日に、一応釣り道具を持ってきていることをさりげなくアピールしたからだ。

あくまで捕獲が目的ではない調査への参加だとわかってはいても、時間があればちょっとでいいから竿を出して個人としてタキタロウに挑みたいと思っていたメンバーは私以外にも数名いて、一緒に竿を出すことになった。
せっかくだからとボートで対岸まで運んでいただいた。まさに一生に一度の贅沢である。
せっかくだからとボートで対岸まで運んでいただいた。まさに一生に一度の贅沢である。
上が今回のために用意したルアーで、下が管理釣り場などで使用しているルアー。
上が今回のために用意したルアーで、下が管理釣り場などで使用しているルアー。
私なんかにタキタロウが釣れるとは思っていないのだが、それでも釣れる可能性がある場所にいくのだからと、出発前に釣具屋へいき、「ルアーください」「何を釣るのですか?」「タ、タキタロウ…」という恥ずかしい話をして、大きなルアーも買っておいてよかった。
大鳥池の南側には3本の沢が流れ込んでいるのだが、その水は地下に染み込んでいるようで、地上では沢と池がつながっていないようだ。
大鳥池の南側には3本の沢が流れ込んでいるのだが、その水は地下に染み込んでいるようで、地上では沢と池がつながっていないようだ。
こっちの沢も枯れているが、水の流れる音はしている。もしかしたら水は地下を流れているのかもしれない。
こっちの沢も枯れているが、水の流れる音はしている。もしかしたら水は地下を流れているのかもしれない。

イワナが一匹釣れました

携帯の電波も入らないような山奥で、タキタロウが住む大鳥池に向かって竿を出せるという幸せ。しかも徒歩では到達困難な場所へとボートで運んでいただいての釣りだ。なんだか全国の釣り人に恨まれそうなシチュエーションだ。

タキタロウの調査に参加させていただいただけでも、それは十分誇れるものだし、一生の思い出となる体験なのだが、さらに特別な場所からタキタロウ釣りに挑むという経験をさせてもらったことに、ただただ感謝である。
タキタロウの子供なら釣れてしまうような気もする。可能性がゼロじゃないって素晴らしい。
タキタロウの子供なら釣れてしまうような気もする。可能性がゼロじゃないって素晴らしい。
私より本気で大きなルアーを投げていた同行の隊員。ちなみに釣りをしたからわかる調査結果というのも当然ある。
私より本気で大きなルアーを投げていた同行の隊員。ちなみに釣りをしたからわかる調査結果というのも当然ある。
両生類の卵かと思ったら、渓流魚のご馳走であるカワゲラの卵だそうです。
両生類の卵かと思ったら、渓流魚のご馳走であるカワゲラの卵だそうです。
浅瀬にはアブラハヤがたくさん泳いでいた。夜になるとタキタロウは浅瀬に来て、これらを食べているのかもしれない。
浅瀬にはアブラハヤがたくさん泳いでいた。夜になるとタキタロウは浅瀬に来て、これらを食べているのかもしれない。
もちろんタキタロウを釣る気があってこの場で竿を出しているのだが、もし本当に釣ってしまうといろいろ大変な気もするので(それこそ山形新聞の一面を飾るレベルの新聞沙汰だ)、なにやら謎の大物がハリに掛かって、粘ったものの残念ながら糸が切れてしまったというのが理想なのかもしれない。

結果としては、昼飯を挟んで一日中この場所で釣りをさせていただき(何しに来たんだという話なのだが)、25センチほどの魚を1匹釣ることができた。

あごが普通の形をしているので、残念ながらタキタロウの子供ではなく、この池に多く生息している一般的なイワナのようだ。もし私が三平ならこれをエサにしてタキタロウを釣るところだが、これで十分満足なのでリリース(しようか迷っていたら自分から逃げていった)。

元気に泳いで消えて行ったあのイワナが、もしかしたらタキタロウに化けるのかもしれなと、何となく思った。
せっかくなので写真だけでも大きくしましょうか。
せっかくなので写真だけでも大きくしましょうか。
こちらは同行者が釣ったイワナ。スマートだがヒレがとても大きい気がする。タキタロウはヒレが大きいのが特徴なので、もしかしたらその遺伝子が流れているのかも。
こちらは同行者が釣ったイワナ。スマートだがヒレがとても大きい気がする。タキタロウはヒレが大きいのが特徴なので、もしかしたらその遺伝子が流れているのかも。
「わータキタロウ」かと思ったが、「まーた木だろう」。く、苦しい。
「わータキタロウ」かと思ったが、「まーた木だろう」。く、苦しい。
エコーサンダーによる調査船を撮影するテレビクルー。
エコーサンダーによる調査船を撮影するテレビクルー。
元ヨット部の田口さんが、ウェットスーツを着込んで潜水調査に挑戦。素潜りでは無理という結論に笑う佐藤事務局長。
元ヨット部の田口さんが、ウェットスーツを着込んで潜水調査に挑戦。素潜りでは無理という結論に笑う佐藤事務局長。

そして最後のミーティング

2泊3日の調査日程だが、最終日は後片付けをして下山の予定なので、実際の調査はこれにて終了。

ミーティングで聞いた話によると、今日もエコーサンダーにはそれらしき反応が水中深くにでたようで、本当になによりである。

また伊藤さんから発表された、各水深ごとの残留酸素量の報告が興味深かった。ダム湖などでは深くなるにつれて酸素が減り、魚の生息できない環境になっていくのだが、大鳥池は深い場所にも十分な酸素があることがわかったのだ。これは大鳥池の湖底がタキタロウの生存できる環境であることを示す大切なデータだ。
水中カメラには残念ながら魚影が写らなかったようだが、次につながる情報がたくさん集まったようだ。
水中カメラには残念ながら魚影が写らなかったようだが、次につながる情報がたくさん集まったようだ。
ところで地域おこし協力隊としてやってきた田口さんの、地元民からの愛されっぷりが立派だった。
ところで地域おこし協力隊としてやってきた田口さんの、地元民からの愛されっぷりが立派だった。
隊員が運んできたワインやら日本酒やらで乾杯!
隊員が運んできたワインやら日本酒やらで乾杯!
キャンプといえばカレー。タキタロウ調査はレトルトカレーを一番おいしく食べる方法だと思う。
キャンプといえばカレー。タキタロウ調査はレトルトカレーを一番おいしく食べる方法だと思う。
釣りキチ三平の世界にあるO池では、湖底の割れ目から温泉が湧いているという設定だったが、どうやら大鳥池には沢からの伏流水が大量に流れ込んでいて、酸素やミネラルをたくさん含んだ新鮮な水が、湖底から湧いているようだ。そして冷たい水を好むタキタロウは、その水が湧く場所に潜んでいるのである!

なんていうものもちろん仮説でしかないのだが、ボートを漕いでいた人からは、水が枯れているはずの沢の方向から、明らかに水の流れを感じたそうなので、この仮説は一理あるような気がする。

少しだけ真面目な話をしたりもする

この日は体力的に余裕があったので(なぜなら一日釣りをしていただけだから)、消灯後すぐに寝るのがもったいなく、同じようになんとなく眠れない人達と、しばらく外で話をしていた。

今回の調査を後押しした田口さんによると、これをきっかけにタキタロウの伝説や大鳥地区のことを少しでも知ってもらえて、釣りやトレッキングなどに来てくれる人がちょこっと増えてくれればいいかなと考えているそうだ。

もし一気に観光客が増えても、高齢化の進んだ大鳥では受け皿がなくキャパオーバーになってしまうし、余生を楽しみつつ浪漫を追いかける人達に無理はさせたくない。過疎化をどうにか止めたいけれど、プチバブルが欲しいわけではない。釣り人が増えすぎれば、それはタキタロウが住む環境への悪影響にもなる。

また調査隊に応募してきた伊藤さんの考えでは、観光客の増加というのは二次的なものであり、地元の人たちがずっとやりたいと思っていったけど、自分たちだけではと自信がなくてやれなかったタキタロウ調査を、地域おこし協力隊や外部の人が加わることでやれたこと、そしてやってみたらとても楽しかったということが大切なのではとのこと。
星空の下でマムシの黒焼きを食べさせられる田口さん。
星空の下でマムシの黒焼きを食べさせられる田口さん。
「なかなかうまいですよ!」と言い張る伊藤さん。
「なかなかうまいですよ!」と言い張る伊藤さん。
どんどん過疎化がすすんでいく、住人に自信がなくなっていく、でも実は宝となるものは大鳥にいっぱいある。そして田口さんのように外からの目線で価値を見つけ出し、拾い上げて、それを輝かせられる人がいる。

なにやら楽しいことをやっている地域となっていけば、そこから派生的に観光が生まれたり、人が集まってくる。

今回の調査中、我々のように余所から参加した隊員はもちろん、地元民である隊長や事務局長がずっと楽しそうにしていたことが、一番の成果なのだと思う。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓