コラボ企画 2014年9月29日
 

プロジェクションマッピングでアイスを山手線にする

最終的にこのくらいのクオリティに落ち着きます。
最終的にこのくらいのクオリティに落ち着きます。

チーズスティックというアイスがある。

白くて細長くて、その名の通りスティック状のシンプルな見た目のアイスだ。

シンプルな白の…

ということは流行りのプロジェクションマッピングの土台として使えるんじゃないだろうか。

長いんだったら電車になるぞきっと。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

DAY1:まずどこにも売っていない

プロジェクションマッピングという技術が流行っている。

なんでもないところにプロジェクターで絵を写して、あたかも実物がそこにあるかのように見せるのだ。

今回、森永のチーズスティックとのコラボにこの最新技術を使おうと思う。チーズスティックは白い直方体(棒状)なので、プロジェクターで光を当てたら電車になるんじゃないかと思ったのだ。

こういう思いつきはたいてい失敗するか、うまくいくまでに恐ろしく試行錯誤が必要になるものなのだけれど、今回はそのどちらも経験したので順を追って報告したい。
これがチーズスティック。
これがチーズスティック。
上の写真がチーズスティックなのだが、いきなりカタログからの転載である。

なぜ実物を載せないかというと、売っていなかったからだ。
売ってないのだ。
売ってないのだ。
どこにもない。
どこにもない。
コラボ企画なのにこんなこと書くのもどうかと思うが、ないものはないのだ。

この話が決まってからというもの、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど、アイスを売っていそうなお店を手当たり次第にまわって探したのだけれど、チーズスティックは1つも見つけることができなかった。

森永の担当者にこの話をすると

「あー、確かにこの時期は売っていないかもしれないですねー。」

と。

しっとりと濃厚な大人のアイス、チーズスティックは秋冬がメインなのだ。つまりこれから生産が本格化する。加えてチーズスティックは好きな人はものすごく好きらしく、売られているのを見つけると買い占めちゃう人もいるのだとか。

理屈はわかる、でもそれでは記事が書けないだろう。森永の担当者になきついてなんとか送ってもらえることになった。

現物が届くまでにできるところから始めよう。

DAY2:紙粘土でモックを作る

写す対象がないのでひとまず写す画像から作ることにする。今回はチーズスティックを山手線にするのが最終目標なので、山手線の写真を撮ってくる必要がある。
こうなるのがゴール。
こうなるのがゴール。
線路とホームには鉄道模型用のパーツを使った。肝心の車両部分がチーズスティックである。これに映像を写す。

だけど今はないから他で代用する。
紙粘土である。
紙粘土である。
チーズスティックがないので紙粘土で作ることにした。ボーカルがいないからとりあえずおまえ歌っとけ、と無茶なこと言われたマネージャーみたいである。

チーズスティックは一度も見たことがないのだけれど、食べたことがあるという人のブログを読むとおおよその大きさがわかってきた。だいたい長さが13センチ前後、幅が3センチ前後のようだ。

ということはきっとこんな感じである。
まだ見ぬチーズステックに思いを馳せながら。
まだ見ぬチーズステックに思いを馳せながら。
なんだろう、この明らかなこれじゃない感。やってみなければわからない、とかそういうレベルにすら達していないような気がする。ボーカルがいないならおとなしくインストバンドにしておくべきなのだ。

ひとまずこれは置いておいて(紙粘土なので乾かす意味合いもある)、今度は投影する画像を撮りに行くことにした。


チーズスティックと書いて濃厚と読むのが
おれのスタンダード。


チーズスティックは濃厚が売りのアイスです。


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓