ちしきの金曜日 2014年9月26日
 

街中を流れる天井川、しかも廃河川をたどる

ビルの3階くらいの高さを流れていた川の跡、って言ってる意味分かりますか
ビルの3階くらいの高さを流れていた川の跡、って言ってる意味分かりますか
先日、川が道路の上を跨いでいる光景に出くわした。いわゆる天井川というやつだ。

その後、天井川についていろいろ調べると、西日本に多くあって、特に滋賀県の琵琶湖に流れ込む草津川がすごい、ということを知った。あまりにも天井川すぎて国道1号線やJR東海道線が川の下をくぐっているという。しかも、危ないので新しく川を掘って流れを変えたため、今はその部分は廃河川になっているというのだ。

いろいろダイナミックすぎる。これは見に行かなければ!
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

意外とある天井川

天井川とは、川の底が周囲の地面よりも高くなってしまった川のこと。街並みや田畑よりも高いところを流れているので、当然大雨が降って溢れたり決壊したらたいへんな被害が出る。

日本では(と書いて世界にも天井川ってあるのだろうか、いやきっとあるだろう、見たい!世界最高の天井川を見たい!などと想像して30分くらい手が止まった)特に西日本に多く、地図をよく見ると道の上を川が跨いでいるところを見つけることができる。
こんな細い川でも道を跨いでいる(天津神川/京都府京田辺市)
ここは東海道線と道路の間を川が流れている(石屋川/兵庫県神戸市)
特に下の地図の石屋川、今は東海道線が上を跨いでいるけど明治7年の開通当初はトンネルで下をくぐっていたらしい。そして、そのトンネルこそが日本で最初の鉄道用トンネルだという。なんと日本の鉄道トンネルの礎は天井川が築いたのだ!

天井川ができるしくみ

では天井川はどうしてできるのか。

大雨が降ると、山から水が流れ出して川となるけれど、地質が弱いところでは水だけでなく土砂や石も一緒に流れ出す。上流の急勾配のところを水と一緒に流れくだった土砂や石は、流れが緩やかになると川底に貯まってしまう。

それが続くと川が浅くなって、少しの雨ですぐに氾濫するようになるので住民たちは仕方なく堤防を高くする。それでも時間が経つとまた土砂が貯まって氾濫しやすくなる。

なので仕方なくまた堤防を高くして...というのを繰り返していくうちに、気がついたら堤防は見上げるような大きさになり、その中の川はまわりの地面よりもずっと高いところを流れるようになるのだ。

と、言葉で説明するより草津川沿いに立っている看板の図が分かりやすかった。
見よ、これが「百聞は一見に如かず」である
見よ、これが「百聞は一見に如かず」である
つまり天井川は半分人工物。対症療法を続けた結果、取り返しのつかないところまで病状が悪化してしまう見本のようなものだ。僕もバファリン飲んでばかりいないで歯医者に行こうと思った。

草津川は、滋賀県第2の都市である草津市の中心近くで周りの土地から5、6メートルも高いところを流れる天井川だった。昔から何度も氾濫して大きな被害を出していたことから根本的な治療をすることになり、川が山間部から平野に流れ出てきたところで新しく掘った水路に付け替えられた。それまで流れていた天井川部分およそ7キロは廃河川となっているらしい。人間で言えばどこかの臓器を全摘出したくらいの大手術だ。

というわけで草津川最寄りの東海道線草津駅に降り立った。駅前にレンタサイクルがあるので、ここで自転車を借りて川沿いを走ろうと思ったら、なんと全車貸し出し中。ここまで来て計画倒れか、と立ち眩みがしたそのとき、ひとりのおばちゃんが自転車に乗って戻ってきた!

ありがとうおばちゃん!
というわけで駅前から出発!
というわけで駅前から出発!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓