コラボ企画 2014年10月1日
 

10月4日 テレビ生放送中にスタジオの人形を揺らせます

彼を揺らそう
彼を揺らそう(製作中の画像です)
ご意見をツイッターで募集しています、というテレビ番組を見かける。
僕もなにか送ろうと思うが……特に言いたいことはない。ほんのちょっと、何も考えないでボタン押すだけぐらいで参加できるといいのに。

そんな都合のいい欲望を叶える視聴者参加企画が実現することになった。
それが「揺らせ!Bスカッピー!」
企画を引きうけてくれたのはデイリーポータルZではおなじみのスカパー!である。
1971年東京生まれ。ニフティ株式会社勤務。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。
> 個人サイト webやぎの目

まず実施日時

まずは企画の実施日時である。
2014年10月4日(土)22:00〜22:35(予定)
手帳に書くか、グーグルカレンダーに入れてほしい。この日に飲み会が予定されていたら「リスケでお願いします」とLINEを送っておこう。

なにをするのか

この時間、BSスカパー!ch241では「新生BSスカパー!開局特番 チャンネル大生回転TV」を生放送中である。
生放送のスタジオ内にはBSスカパー!のキャラクター Bスカッピーがおいてある。デイリーポータルZに設置したボタンを押すと、Bスカッピーを揺らすことができるのだ。
自分の手でテレビの中の世界に影響をあたえることができる。なにか意見を表明したりすることなく、ボタンを押すだけで、だ。
「揺らせ!Bスカッピー!」全体像・衛星を使ったいたずらである
「揺らせ!Bスカッピー!」全体像・衛星を使ったいたずらである
「新生BSスカパー!開局特番 チャンネル大生回転TV」はスクランブルがかかってないので誰でも見ることができる。家のテレビのチャンネルをBS241に合わせるだけだ。

Bスカッピーが動く条件はボタンが一定の頻度以上で押された場合である。みんなの力を合わせてテレビの世界に入り込もう。

精鋭のスタッフで

このネットの盛り上がりに応じて人形を動かす装置を作るのは前回の長距離リモコンに続いてテクノ手芸部のふたり。
プログラム担当かすやさん
プログラム担当かすやさん
メカ担当よしださん
メカ担当よしださん
ふたりとも最中(林の差し入れ)をかじりながらも鋭意製作中である。
筐体の設計
筐体の設計
なにやら大変そうなところの設計
なにやら大変そうなところの設計
実物
実物
………全然できてないのだ(9月26日現在)。超不安だ。

不安ついでに言ってしまうと、すごく盛り上がってアクセスが集中してあっさりキャパシティをオーバーしてしまう可能性もないわけではない。
なので「ゆらす」ボタンは一度押すと一定時間押せないようにしてある。一定時間経つとまた押せるようになるのでそうしたら押してOKだ。

それでも予想以上に盛り上がるとボタンが見えなくなる可能性はある。盛り上がりはグラフで表示する予定だが、ボタンやグラフが見えなくなったら超フィーバーしているのだと思って欲しい。

ということで参加お待ちしております

こんなに敷居が低い視聴者参加企画もないと思うのでぜひ参加して欲しい。テレビ中継の後ろでイエー!ってやってる子どもみたいな気分でOKだ。段取りはこの通り。
#
このような揺らすためのページがオープンします(画面は開発中のものです)
このような揺らすためのページがオープンします(画面は開発中のものです)

ボタン押すだけでいいから!

当日、現場からはツイッターで中継する予定。
サーバがやばくなったらそれもツイッターでお知らせします(「ちょっともう押さないで!」など)。
テレビとネットが低レベルで融合する瞬間をお見逃しなく!
テレビに映りこみたいという野次馬根性が原動力の企画
テレビに映りこみたいという野次馬根性が原動力の企画

この企画がうまく行ったかどうかはまた来週、まとめて記事にします。来週「スカパー!のアンテナで作るおいしいチャーハン」という記事になっていたらうまく行かなかったんだなと思ってください。

テストします!

このBスカッピー企画のテスト放送を本日実施します。
2014年10月1日(水)21:00〜22:00
USTREAMのデイリーポータルZチャンネルにて
テストなのでなるべくたくさん見てください。
 ▽デイリーポータルZトップへ  

 
 
関連記事
人は赤べこをみるとつい揺らしてしまうのか
振る実験
東京のテレビのチャンネルを神奈川から変える
楽しいわら人形

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓