チャレンジの日曜日 2014年10月5日
 

Ato痔〜痔の体験談を募集

!
みなさまこんにちは。ライター西村です。

とても個人的な話で恐縮なのですが、先日、痔の手術を受けました。

あ、すみません、なんか痔って書くの恥ずかしいのでこれから痔のことZて書いていいですかね?

で、ぼくのZの手術なんですが、おかげさまで問題なくおわり、無事退院しました。でも、傷がまだ治っておりませんで手術痕がすこし痛みます。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。

前の記事:「「代々木公園」に行って地名の由来を調べてみる」
人気記事:「料理のレシピを鉄道路線図っぽく表現してみる」

> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

Zの体験談を共有したい

Zの手術なんて経験したことのあるひと、日本にどれぐらいいるのかわからないし、ほとんどの方はそんな経験しなくて済むんじゃないかとは思うのですが、できればこの貴重な体験を、日本全国のZのみなさまと共有したいのでZの体験談を募集させてください。

例えばこんな感じのちょっとしたことでいいです。
肛門科にきてる患者って後ろめたいのか、妙に明るくないですか? 看護婦に「いよっ!」なんて言ったりして。
林雄司
いずれ赤裸々な姿でお尻を診られるわけですから、できるだけ愛想は良くしておきたいという心情ではないでしょうか?
手術室に入ったら、立ち食いそば屋みたいなJPOPメドレーがずーっと流れてた。
西村まさゆき
せめて「白い巨塔」にして欲しかった。
処置室にデジカメがあって、あのデジカメにはどんな画像が入っているのか…と想像したりしました。
林雄司
目の前を通り過ぎていったいろんなZが……。
手術の内容を説明するためにもらった手術説明書の「可及的にくり抜き、入り口を切除、縫合閉鎖しました」っていう書き方が無印良品っぽかった。
西村まさゆき
「生地にかぼちゃを練り込み かぼちゃのコクと甘味を活かし 焼き上げました」みたいな。
おれが受けた術法は紀元前のインドから行われているんだと説明されて、逆に不安になった。古っ!
林雄司
アーユルヴェーダ!?
腰椎麻酔をしたんですが、手術が終わって病室のベットで横になってたとき、なんか足のつけねのところのにシロコロみたいなブヨブヨしたものがついてるなーと思って触ったら自分のチンコでした。
西村まさゆき
生きてるって感じしました。
痔ができる方向は、3時、7時、11時。
林雄司
戦闘機だ! ちなみにぼくは6時と3時の方向にできてました。
おしっこするのにナースコール呼ぶのものすごくためらいました。人間の尊厳というものについて考えました。
西村まさゆき
なるべく尿瓶を使いたくありませんでした。
「コ・ボレーヌ」という尿瓶があるそうです。
西村まさゆき
傾けてもこぼれないそうです。
下痢は通常の便の7倍の負荷がかかると言われました。
林雄司
便秘もだめですけど、下痢はもっとダメですね。柔らかいからいいじゃないかと思いがちですが、ダメです。
手術痕から出てくる浸出液が止まらないので、ナプキンを使っています。ナプキンの吸収力すごいし、外側に染み出ない仕組みもすごい。ただ、種類多すぎ。
西村まさゆき
……といったような、Zを経験してはじめて知ったこと、思ったこと、おすすめのナプキン、なんでもよいのでZに関するあるあるネタをお送りください。

また、Z持ちでない方は、Zに対するイメージを短歌か俳句によんでお送りください。

それではみなさま、よろしくおねがいZます。
 ▽デイリーポータルZトップへ  
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 
 
関連記事
痔を治す旅
日本人の3人に1人は痔にかかっています

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓