ひらめきの月曜日 2014年10月13日
 

公衆トイレの非常呼出ボタンに見る葛藤

圧倒的な存在感
圧倒的な存在感
先日、外出先でビルのトイレに入ったところ、上の写真のような表示が目に留まった。

流すボタン、なんでこんなにでかく書く必要があるのか。
そんなに流してほしいのだろうか。流さない人がいるからか?

違う。
これには深い理由があるのだ。
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。
> 個人サイト nomoonwalk

間違ったボタンを押さないでほしい

この表示は、流すボタンを押してほしいからこんなに大きいわけではない。
間違って別のボタンを押してほしくないから、こんなにでかいのだ。

別のボタン?いったいどれのことだろうか。
それが、これだ。
禁止マークまでついている
禁止マークまでついている
非常呼び出しボタンである。
トイレ内で急に体調が悪くなったり、その他の緊急事態になった際に押すボタンだ。

非常呼び出しボタンの葛藤

非常呼び出しボタンには、葛藤がある。

・非常時にすぐ押せるよう、押しやすくしなければいけない、
・押しやすくしすぎると、流すボタンと間違って押されてしまう

そのせめぎあいの末に生まれたのが、先ほどの巨大「水を流す→」だ。

手を尽くす

葛藤しているのは先ほどのトイレばかりではない。
いろんなトイレを回って、この問題にどう対処しているか、調べてみた。
まずは基本形。プレーンな呼び出しボタン。
まずは基本形。プレーンな呼び出しボタン。
こちらは目立つように「非常用」の文字が書き加えられている
こちらは目立つように「非常用」の文字が書き加えられている
さらに大きくなったのがこちら。
さらに大きくなったのがこちら。
個人的にはこういう手作り感のあるものが好きだ
個人的にはこういう手作り感のあるものが好きだ
ボタン周りに加え、引っ張り式のスイッチの持ち手も囲んであるのがかわいい。
こういう「必要に迫られてやったんだけど、いざはじめてみるとちょっと凝ってしまった」みたいなの、すごくお茶目でいい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓