コラボ企画 2014年11月13日
 

綱引きで国境を決める飯田市と浜松市が仲良しすぎる

綱引きは真剣、でも仲良しー
綱引きは真剣、でも仲良しー
「国境を決める」という言葉の重みを考えて欲しい。

古来より、人は国境を決めるために、争い、憎しみ合い、時には悲劇をひき起こしてきた。

「宇宙からみれば、国境なんて見えない」なんてことをいう人もいる。

しかし、人が言葉をもち、文化を築き、経済を動かし、社会を成り立たせている以上、国の境目は決めなければならない。

でも、戦争はもう、こりごりだ。

じゃあ、綱引きで決めよう!

※この記事はイーアイデムとのコラボ企画
 じもwww:地元ルネサンス 仕事ルネサンス
 との連動企画です。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。
> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

綱引きで「国境」を決めるイベント

綱引きで「国境」を決める……これは、長野県飯田市と静岡県浜松市の県境、兵越(ひょうごし)峠で毎年10月末に行われている「峠の国盗り綱引き合戦」という祭りだ。

遠州軍(静岡県)と信州軍(長野県)が、兵越峠で綱引きを行い。勝ったほうが「国境」を1メートル相手側の方に動かし「領土」を広げるというのだ。

この祭り、以前より県境マニア界隈では噂になっており、かくいう県境マニアの端くれであるぼくも、一度この目で確かめておきたい祭りであった。

しかし、この兵越峠というものが曲者やっかいな存在なのだ。

兵越峠でピンと来るひとはよほどの国道好きか地元のひとか。どちらかであろう。
兵越峠は、国道152号線の未通区間として有名な青崩峠の迂回路として使われる峠である。

青崩峠に関してはこちらの記事でご覧頂くとして、兵越峠。

イベント会場のある兵越峠まで、公共交通機関で行く場合、豊橋を朝六時に出発する飯田線に乗り、2時間をかけて水窪駅まで行き、そこからイベント会場まで運行しているシャトルバスに乗るしかない。

とにかく、とんでもない山奥なのだ。

県境マニアが今まで行きたくても行けなかった祭り。それが「峠の国盗り綱引き合戦」だった。

公共交通機関のみで兵越峠をめざす

前乗りで豊橋に宿泊し、夜が明けない家にホテルを出る。
人影まばらな早朝の豊橋駅
人影まばらな早朝の豊橋駅
日の出前に出発
日の出前に出発
豊橋を出た時は、そこそこ乗っていた乗客も、豊川を過ぎた辺りから少しづつ降りて行き、水窪駅直前では乗客はぼくひとりになってしまっていた。

朝8時過ぎに水窪駅に到着。駅のすぐ横には川があり、町に出るには吊り橋をわたらなければ行けない。
しっかりした感じの吊り橋だ
しっかりした感じの吊り橋だ
20人でやばいのか
20人でやばいのか
ゾザーッという容赦ない渓流の音、揺れる吊り橋。しかも20人までという制限が微妙にこわい。

シャトルバスでさらに30分

この水窪の町からシャトルバスに乗りかえ、兵越峠を目指す。このシャトルバスは、祭りのために運行されているもので、普段運行している兵越峠までの公共交通機関はない。
地元の観光協会が運営しているシャトルバス
地元の観光協会が運営しているシャトルバス
バスはグイグイと山奥に……
バスはグイグイと山奥に……
バスは途中、工事中の道路を横目に見ながら山の谷間をグイグイと進んでいく。

30分ほどでイベントの行われる兵越峠に到着。
雨が降っても、雪が降っても通行止めになる
雨が降っても、雪が降っても通行止めになる
落石への注意をうながす看板、雨、積雪で通行止めになる旨の看板が峠の苛酷さを物語っている。
手前が静岡県で、奥のほうが長野県である
手前が静岡県で、奥のほうが長野県である

実際に県境が動く……わけではない

実際に県境のある場所は道幅も狭く、木立がトンネルのように生い茂っている。
現在の県境と「国境の状況」
現在の県境と「国境の状況」
県境はこんな感じ
県境はこんな感じ
こちらが現在の県境と「国境」の状況だ。

現在、信州軍が三年連続で勝利しており、「国境」が3メートル静岡県側に食い込んでいる。
「三」の部分が現在の「国境」
「三」の部分が現在の「国境」
実は、というか、当たり前であるけれど、綱引きで「国境」を移動させるといっても、実際の県境が移動するわけではない。
あくまで冗談です
あくまで冗談です
つまり、これは壮大な冗談なのだ。

そもそも、野球などで交流をはかっていた静岡県水窪町(当時)と長野県南信濃村(当時)の商工会の青年部が「国境(県境)をかけて綱引き合戦をしたら面白いんじゃないか?」というアイデアから1987年に始めたイベントだ。

実際の県境は動くわけじゃないけれど、勝てば1メートルだけ相手の領土に「国境が動く」ということにして、毎年綱引きをやる。真剣にやる。

この祭り、そんな冗談を毎年すこしづつ積み重ね、今年ついに「サントリー地域文化賞」という賞を受賞した。
つるっつるな盾が展示されていた
つるっつるな盾が展示されていた
受賞理由は「行政区画と山で隔てられた隣接する二つのまちが、大人の遊びとしての「綱引き」に真剣に取り組むことで、かつての交流を取り戻しつつあることが高く評価された。」

冗談も真面目に取り組んで30年近く続ければ、賞がもらえるのである。

冗談の積み重ねで賞がもらえる街もある。


地元の魅力満載です


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓