ひらめきの月曜日 2014年11月10日
 

Make: vs DPZメディア対抗ヘボコン対決!

!
11/23(日)〜24(月祝)の2日間、DIYの祭典「Maker Faire Tokyo」が東京ビックサイトで開催される。

その会場にて、デイリーポータルZは「技術力の低い人限定ロボコンMini(通称:ミニヘボコン)」を、第1回〜第6回まで、一挙開催する。(詳しくはこちら)

今回はその前哨戦ということで、Maker Faireを主催するMake:チームと、われらがデイリーポータルZチームで、メディア対抗戦を行うことにした。

Make:といえば日本のMakerムーブメントの総元締めみたいなメディアである。いっぽうこちらは志の低い工作で日本のMakerの平均点を下げ続けているサイトだ。しかしヘボさでは負けていない自負がある。

別に負けても差し支えない戦いの幕が、ここに切って落とされる!
インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変な音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。
> 個人サイト nomoonwalk

両方ヘボかった

ここで、各チームの参加者をご紹介しよう。
まずはMakeチームから。
編集やイベント運営が本業の鹿野さん。Makeの運営に携わりつつも技術的には「LEDをチカチカさせるのが限界」という、ヘボコン的にはぴったりの人材。
編集やイベント運営が本業の鹿野さん。Makeの運営に携わりつつも技術的には「LEDをチカチカさせるのが限界」という、ヘボコン的にはぴったりの人材。
持ち込み機体はタミヤのカメのキット。それから車。
持ち込み機体はタミヤのカメのキット。それから車。
映像プロデューサーの森田さん。工作は小学生以来という(ヘボコン的には)輝かしいキャリア。
映像プロデューサーの森田さん。工作は小学生以来という(ヘボコン的には)輝かしいキャリア。
持ち込み機体はタミヤの歩く犬。
持ち込み機体はタミヤの歩く犬。
お二人とももちろん本業のほうでは輝かしい業績をお持ちなのであるが、工作経験は少なく、ロボット制作経験はゼロ。失礼ながら、この分野に関しては完全に「ヘボ」側のおふたりなのであった。

デイリー陣営、圧倒的なヘボさで差をつけるつもりが、意外に肉薄する実力。しかし普通の意味で「これなら勝てるかもしれない」と胸をなでおろしたのも事実である。

そんなデイリーポータルZチームはこの2人。
文具ライター きだてさん
文具ライター きだてさん
持ち前の器用さをいかんなく発揮、タミヤのボクシングロボを改造した、すでに強そうなロボットを持参。
持ち前の器用さをいかんなく発揮、タミヤのボクシングロボを改造した、すでに強そうなロボットを持参。
編集部 藤原さん。
編集部 藤原さん。
リモコンで動くクワガタ、長屋、兵士を持参。
リモコンで動くクワガタ、長屋、兵士を持参。
最強リモコンバトルって書いてあるから最強なのかもしれない
最強リモコンバトルって書いてあるから最強なのかもしれない
さて、ここで紹介した各メンバーのロボットだが、これはまだ完成機体ではない。今回のミニヘボコンでは、会場でロボットの改造ができるのがポイントなのだ。
ミニヘボコンのポイント1

会場には作りかけの機体を持ち込もう
なお、本番では改造の時間の前に対戦順を決める予定である。相手のロボットを見たうえで、弱点を攻める方法や防御策を考え、対策を実装することができる。戦略性の高い大会となるだろう。

改造パーツのフリマ感

本番では会場に材料がいろいろ用意される予定だ。今回は、かわりに各自に家から材料となる雑貨を持ってきてもらった。
まさに雑多
まさに雑多
人気沸騰、ジバニャンプラモ
人気沸騰、ジバニャンプラモ
スーパーこまち(新幹線)の箸
スーパーこまち(新幹線)の箸
ネズミ捕り(本気のやつ。でかい)
ネズミ捕り(本気のやつ。でかい)
なつかしのシーマン
なつかしのシーマン
前方に装備すれば槍と盾を兼ねられて最強なのでは!?と思い僕が持参した、ろうと(誰も使ってくれなかった)
前方に装備すれば槍と盾を兼ねられて最強なのでは!?と思い僕が持参した、ろうと(誰も使ってくれなかった)
ロボットのパーツというより、フリマか不用品バザーか、みたいなラインナップ。これらを駆使して、持参したロボットをグレードアップ&完成させて戦いに挑むのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓