フェティッシュの火曜日 2014年11月18日
 

雑草アズキのおしるこが別次元のうまさ

!
アズキの祖先植物は「ヤブツルアズキ」といい、雑草として本州各地に生育している。

そして、秋にはごく小さな豆粒を実らせる。

今日はこのヤブツルアズキの豆を集めて、おしるこづくりに挑戦してみた。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

3年間、ヤブツルアズキを探し続けた

雑草野菜ハンターである僕は、アズキの祖先であるヤブツルアズキを、もう3年探し続けていた。
目印はこの黄色い花。おもに河原に生えるらしい。
目印はこの黄色い花。おもに河原に生えるらしい。
噂によると、関東にはあまり生えていないらしいのだ。
それでもあきらめず、茨城・千葉・東京と3都県のあちこちの河川敷を、車で自転車で徒歩で、探しに探しに、探し尽くした。


ツイッターの情報を頼りに、遠く印旛沼までも行ったが未発見。
ツイッターの情報を頼りに、遠く印旛沼までも行ったが未発見。
探索に費やした時間は100時間以上に及ぶだろう。
それでもヤブツルアズキは見つからなかった。

いいかげんあきらめて、「もう自分で育てるしかないか……」と思い、『農業生物資源研究所』の種子配布サービスで、タネを取り寄せることにした。

そしたら、申込み案内ページの「タネの情報」に、そのタネを採取したヤブツルアズキの生育場所の位置が、採取日とともにめっちゃ詳しく公開されていたのだ!
まじかよ! これまで、おれ何してたんだ!
まじかよ! これまで、おれ何してたんだ!
これまでの膨大な苦労は何だったのだろう。頭を地に垂れ、自分への呪いを吐くしかない心境である。

とにかく、ここまで情報が与えられて探せないのでは雑草野菜ハンターの名折れである。僕はすぐさまハサミを携えてその場所へと向かった。

ヤブツルアズキ、発見!

向かった先は、なんと我が家から自転車でも行けるつくば市内の某所。だらだらと近くまで走っていくと……
あ! そこのツルっぽい草の葉っぱ、かなり近い感じ!
あ! そこのツルっぽい草の葉っぱ、かなり近い感じ!
3年間、インターネットを通して脳裏に焼き付けたヤブツルアズキの姿である。見た瞬間にピンと来た。
近寄ってみると……
あった! ヤブツルアズキ、あったー!あったー!
あった! ヤブツルアズキ、あったー!あったー!
うれしい!うれしすぎる! ヤブツルアズキ、3年越しの探索の末にとうとう発見である。

思えば関東一円を数百km走り回り、一度はあきらめそうになったが、粘り強く探し続けて本当に良かった。(自宅から5kmの場所にあったのは少し悲しいが)
日当たりがいいところでは、熟し始めている実も有り
日当たりがいいところでは、熟し始めている実も有り
よし、それじゃああと2週間ぐらいしたらまとめて収穫かなー、とか、雑草野菜を相手にそんなのんきなことを考えている場合ではない。

コイツは栽培アズキと違い、熟すと自然に実がはじけて種が四方に飛散してしまうので、収穫のチャンスは一瞬なのだ!
実がはじけ飛んだあとのヤブツルアズキ。
実がはじけ飛んだあとのヤブツルアズキ。
そのため、このあと3週間にわたって週末ごとに生育地に通い続け、合計で大型レジ袋いっぱいの量を収穫した。
そのため、このあと3週間にわたって週末ごとに生育地に通い続け、合計で大型レジ袋いっぱいの量を収穫した。
そのため、このあと3週間にわたって週末ごとに生育地に通い続け、合計で大型レジ袋いっぱいの量を収穫した。
さあ、この豆粒は食えるのか、そしておしるこは作れるのか、雑草野菜の調理、開始します!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓