はっけんの水曜日 2014年11月19日
 

寿司で『イングレス』の説明をしたい

美味しいですよね、いくらの軍艦巻。
美味しいですよね、いくらの軍艦巻。
最近、スマホの位置情報を使った陣取りゲームが流行っているだろう。名前は『イングレス』だが、とりあえず名前はどうでもよろしい。

僕も2ヶ月くらい前からボチボチやっていたのだが、周りにやってる人が全然いないので時々暇な時だけプレイしていた。なんか地味で意味がわからなかったし。

が、最近ようやく意味がわかって、それから面白くなってきたので説明させてください。
あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。 1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。
> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

基本的には、歩き回るゲームです

いきなりゲーム画面を出して細かく説明するのもなんなので、寿司を使って説明したい(急展開)。

下の写真のいくら軍艦を『拠点』とする。拠点はリアル地図の上にあり、GPSを見ながらそこに行くといくら軍艦(的なもの)がスマホの画面に映るのだ。
マジでこういうゲームなんですよ。
マジでこういうゲームなんですよ。
ご存じのようにいくら軍艦の周りにはいくらが落ちている。それを拾って食べるとエネルギー(ヒットポイントみたいなもの)が溜まる。このゲームは、寿司の種類問わず寿司の周りにはいくらが落ちているのだ。

そして、近づくとつまみ食いが出来る。するとアイテムが手に入る事になっている。

という事で、色んな寿司を巡ってエネルギー(いくら)を集め、つまみ食いしてアイテムをゲットするのが基本である。
握り寿司と軍艦巻、どちらの陣営につくかは各自自由だ。
握り寿司と軍艦巻、どちらの陣営につくかは各自自由だ。

敵と味方の寿司がある

寿司には色んな種類があるが、ここでは便宜上『握り寿司』と『軍艦巻』の2種類とする。
まぐろ、イカ、ホタテの握り寿司があるとする。
まぐろ、イカ、ホタテの握り寿司があるとする。
上の写真みたいに三つの握り寿司があったとすると、軍艦巻陣営としては拠点が欲しいところだろう。

となったら、無理矢理海苔を巻くしかない。海苔はさっき書いた『つまみ食い』で手に入る。
まぐろが軍艦巻陣営に落ちた。
まぐろが軍艦巻陣営に落ちた。
ちなみに、軍艦巻にしたまぐろは食べにくい。軍艦巻はこぼれやすい具を酢飯に載せるための苦肉の策だったのだ。
そして全てが軍艦巻になった。
そして全てが軍艦巻になった。
握り寿司だったものが全て軍艦巻になってしまった。こうして三つの寿司は軍艦巻陣営のものになったのだ。

ちなみにこのゲーム、攻撃側が圧倒的に有利なバランスになっていて、攻撃アイテム(海苔)などコストは掛かるがそんなに難しくはない。

そしてここからが本題である。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓