はっけんの水曜日 2014年11月19日
 

お堀の底を走った電車と貯木場の痕跡を探す(古地図散歩・名古屋編)

山奥みたいだけど、名古屋市の都心です
山奥みたいだけど、名古屋市の都心です
先日、ある方から古い地図や辞書をどっさりもらった。その中に見過ごすことのできない古い地図が紛れ込んでいた。名古屋の“中途半端に”古い地図だ。

中途半端な古地図が好きなぼくにとってはこの上なくありがたい。

さっそくこの地図をたよりに名古屋を散歩してみたい。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。
> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

今持ってる地図の倍ぐらい地図をもらった

地図をどっさりくれたある方というのは、デイリーポータルZライターの加藤さんだ。その加藤さんから辞書と地図がどっさり届いた。
今持ってる地図の倍ぐらいの地図が届いた、しかもそのどれもが中途半端に古い
今持ってる地図の倍ぐらいの地図が届いた、しかもそのどれもが中途半端に古い
これらはすべて、亡くなった叔父さんが生前に買い集めていたものらしい。

加藤さんの叔父さんについてはこちらの記事を読んでいただきたいのだが、この叔父さんの買い集めているものが、いちいちぼくの琴線に触れるものばかりでみょうなシンパシーを感じてしまった。

ただ、そんな叔父さんを加藤さんが「本当に人生で花が咲かなかった男」と評しているところがすこし引っかかった。

とりあえず、きになる場所2ヶ所

さて、そのどっさりの地図なかに紛れ込んでいた名古屋の中途半端に古い地図がこちらだ。
名古屋市の西部を中心とした地図
名古屋市の西部を中心とした地図
こういった一枚ものの地図は、発行年がはっきり分るように書いてないものが多いのだが、国土地理院の承認番号が「昭和42年」となっているので、おそらくそれ以前のものだと思う。

ぼくは、名古屋に関しては不案内で、まったく詳しくないのだけど、ざっと見てとりあえず2ヶ所。気になる箇所があった。
名古屋城の外側をぐるっとまわる鉄道路線。今こんなのないよなぁ
名古屋城の外側をぐるっとまわる鉄道路線。今こんなのないよなぁ
名古屋城周辺の官庁街をぐるっと取り囲むように私鉄の鉄道線が走っている。大津町とか本町、堀川なんて駅、聞いたことない。今どうなってるのか確かめに行きたい。

そしてもう一か所はこちら。
引き込み線と貯木場。いまでもあるかしら?
引き込み線と貯木場。いまでもあるかしら?
神宮公園と川をはさんで広がる池。この地図には貯木場と書いてある。以前、東京の貯木場跡を訪ねて散歩したことがあるのだがことごとく公園やマンションに建て替わっていた。

名古屋の貯木場はどうなのか? 実際に行ってみてみたい。
この地図だけで現地を目指す。
この地図だけで現地を目指す。
今回は、あえて現代の地図を使わず、この古地図だけで現地を目指したいと思う。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓