ちしきの金曜日 2014年11月28日
 

ある意味大切に扱われている古墳を見に行く

古墳が高速道路の高架下に!
古墳が高速道路の高架下に!
子供の頃は歴史の授業が好きではなかった。でも古墳の話はおもしろいと思った。だって偉い人が自分の墓作るために人民に盛大に土盛らせるんだよ?

なんだそれ。と思うと同時にちょっとわくわくしたのも覚えている。しかし、いままで実際古墳を見たことはなかった。

大人になってちょっと歴史に興味を持つようになったいま、見に行こう。高架下の古墳を。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。
> 個人サイト 住宅都市整理公団

そういえばぼくにも心当たりがあるぞ

古墳を鉄道が横切っちゃう
古墳を鉄道が横切っちゃう
先日当サイトで地主さんが「雑に扱われている古墳を見に行く」という記事を書いていた。おもしろかった。小学生の頃、こういう事例を見せてくれればもっと歴史に興味を持ったかもしれない。

っていうことを大人はよく言うけど、たぶん先生は見せてたと思うんだよね。忘れてるだけで。

ともあれこの記事を読んで、鉄道が古墳を横切っちゃうだなんて!と興奮して、そういえばぼくも雑に扱われてる古墳に心当たりがあるぞ、と思い出した。で、見に行った。
それがこの高架下古墳。このとうてい古墳的雰囲気ではない佇まいにぐっとくる。
それがこの高架下古墳。このとうてい古墳的雰囲気ではない佇まいにぐっとくる。
それは大阪府藤井寺市にある赤面山古墳という古墳だ。なんでこの古墳を知っていたのかというと、高架下にあるから。ぼくは「高架下建築を鑑賞する」という記事を書き、勢いで『高架下建築』という写真集も出したぐらいの高架下好きなのだ。だからだ。(以上、宣伝を兼ねました。よろしくお願いいたします)
きっかけは高速道路の脇の道がぷっくりしているのに気がついたこと。
ある日「おもしろい高架はないか」と地図を見ていたら(そういう動機で見るんです。地図を)、高速道路の脇に奇妙な側道をを見つけた。それが赤面山古墳を避けている道だった。
このように古墳を避けて道路がふくらんでいる。
このように古墳を避けて道路がふくらんでいる。
「カーブ注意」の原因は、古墳。楽しい。楽しいよね。楽しいんです。

それにしてもこの雑草の生え具合はどうだ。
言われなきゃただの雑草が生えた小山だ。
言われなきゃただの雑草が生えた小山だ。
地主さんの記事にもあったが、多くの古墳は雑に扱われている。この古墳もあまり手入れされていない感じだ。
高架から外れた部分だけ雨が当たって草ぼうぼうなのが、大事なんだか大事じゃないんだか分からない感じでいい。たぶん管轄的に高速道路会社も手入れできないんだと思う。
高架から外れた部分だけ雨が当たって草ぼうぼうなのが、大事なんだか大事じゃないんだか分からない感じでいい。たぶん管轄的に高速道路会社も手入れできないんだと思う。
いやー、ほんといいなこの高架下古墳。
いやー、ほんといいなこの高架下古墳。
さて、この高架下古墳、どうして高架下古墳になっちゃったのだろうか。そしてこれのどこが「ある意味大切に扱われている」のか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓