ロマンの木曜日 2014年12月11日
 

おれがクリスマスだ

クリスマスツリーになりました
クリスマスツリーになりました
冬の街を彩るイルミネーション。自分も体にLEDを纏えば、風景に上手く溶けこむことができるのではないだろうか。

これが当初の思いつきだったのだが、いろいろやっているうちに、いつの間にかクリスマスツリーのコスプレをしていた。
1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。
> 個人サイト Twitter

プロトタイプから紹介

最初はイルミネーションにまぎれたいと思っていたのだ。まずはそこから説明したい。

はじめに作った道具をご覧頂こう。

写真のどこにぼくが隠れているかわかるだろうか。
どーこだ?
どーこだ?
かなり上手くイルミネーションに紛れているだろう。正解は左側のやや明かりの数がまばらな部分。

そこに人が隠れているなどとは(薄目で見れば)気が付かないはずだ。これがはじめに作った道具、イルミ蓑(みの)である。

プロトタイプの作り方

イルミネーションまぎれる布の作り方は以下である。作り方と言っても100円で買ってきたひざ掛けに安全ピンでLEDを付けるだけだ。あっという間に完成。
100円ショップで買ったひざかけに
100円ショップで買ったひざかけに
100円ショップで買ったLED
100円ショップで買ったLED
あっという間に持ち運びできるイルミネーションになる
あっという間に持ち運びできるイルミネーションになる
100円ショップのキャンドゥに、USBから電源をとるタイプのLEDがあったのでそれを使った。モバイルバッテリーとUSBハブがあれば手軽に光らせることができる。

電源がUSBと、使い道が限定される謎な仕様なので、来年はもう売られていない恐れがある。イルミネーションに紛れたい人はキャンドゥでバイナウ。

イルミ蓑(みの)の実力

冬のイルミネーションに紛れる平成の忍者の仲間入りだ。ドラえもんの道具みたく名づければ「イルミ蓑(みの)」と言ったところだ。

ほかにも街中で試してみた。
どーこだ?
どーこだ?
LEDのコードがたるんでいたために、背景のイルミネーションと差がわかりやすくなってしまった。写真中央あたりにいるのがぼくだ。

次はどうだろう。
難易度が上がったはず
難易度が上がったはず
答えは右から三本目の木の下部である。他の木は下まで白いLEDが繋がっていないのに注目。

これなんかはうまくイルミネーションに紛れすぎて、ともすれば交通事故につながってしまうのではと思ったほどだ。


ただ自転車に乗った通行人がそれまで陽気に鳴らしていた鼻歌をピタッとやめたので、そうでもなかったようす。

次は分かるかな?
ぼくはどこでしょう?
ぼくはどこでしょう?
はい、ここ。今までの写真は全て暗く加工したものでした。
はい、ここ。今までの写真は全て暗く加工したものでした。
この写真が現実である。

イルミネーションがある道というのは多かれ少なかれ人通りがあるので、これまでの写真のように真っ暗だったりしない。LEDが多少並んでいても、体は丸見えなのである。

よりイルミネーションにまぎれるには

当初の目論見は外れた。ちょっとでもイケるのではないかと思った自分を恥じる。

もっとイルミネーションにまぎれるにはどうしたらいいか。そういえば、イルミネーションは植物をキラキラさせているな……。

そのとき我が家の押入れの奥深くで眠っていたアレを思い出した。
Amazonで3000円くらいで売られていたので衝動買いしたアレ
Amazonで3000円くらいで売られていたので衝動買いしたアレ

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ