フェティッシュの火曜日 2014年12月16日
 

屋台のケバブって割高なんじゃないか

!
屋台でトルコ人(みたいな人)の売ってるケバブを買うことができない。
何となく怪しげで、買ったあとに「思ったより肉が少ない……」みたいな残念な気持ちになったらやだな、という思いが頭をよぎるのだ。

というわけで今日は、安心してケバブを買うため、徹底的にケバブの適正価格を調査しようと思う。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

ケバブ激戦区、秋葉原の「スター・ケバブ」

都内でケバブといえば秋葉原が有名らしい。
いつも降りているのに全然知らなかった。たしかに歩いてみると駅からちょっとの間にメイドカフェ並みにケバブ屋さんが目に入る。
売ってるのはメイドさんではなく、中東系の男性です。
売ってるのはメイドさんではなく、中東系の男性です。
ケバブデビューを目指し、例の豪気な肉の前に並ぶ。(横にアニメ絵)
ケバブデビューを目指し、例の豪気な肉の前に並ぶ。(横にアニメ絵)
いよいよ注文する番だ。
メニューを見ながらおろおろしていると、店員に「ドレニスル―? ギュニク? トゥリニク?」と不安定な日本語で聞かれた。うう、やっぱり怪しい。

価格表を見て値段が適正であることを確かめながら、「チキンケバブ400円」と「ビーフケバブ500円」を注文する。
初めて買った! これがケバブサンドか!
初めて買った! これがケバブサンドか!
ずっしりと重い。
なのに中身には野菜しか見あたらない。

ほらやっぱり! 僕は900円も払ったのに、いんちきケバブをつかまされたんだ! ひどいひどい!
という妄想が頭にもんやりと広がる。ここは事実確認のために、中身を検証してみよう。
せっかくの初ケバブを台無しにしている申し訳なさ。
せっかくの初ケバブを台無しにしている申し訳なさ。
さすがに正面ではお店の人に申し訳ないので、裏路地でこっそり分解し、肉・野菜・パンの重さを量る。
はたして、測定結果は以下のようであった。
!
なんと!
野菜だけかに見えたチキンケバブの中には、ずっと多くの肉が入っていた。

ビーフの方も、不安な予想を裏切って牛肉が盛り盛りである。なんだけっこう肉入ってるじゃん、ケバブ!
ちゃんと元通りにして食べました。むう、うまい。
ちゃんと元通りにして食べました。むう、うまい。

多国籍タウン・アメ横の「モーゼス・ケバブ」

しかし、たった1軒ではまだケバブの屋台を信じられない。もう1軒行こう。
「奥さん、おかず1000円!」の声が飛び交う、夕方の上野アメ横
「奥さん、おかず1000円!」の声が飛び交う、夕方の上野アメ横
さいきんアメ横は多国籍化が進み、アジアのナイトマーケットみたいになっていて面白い。ケバブ屋も隣り合って軒をつらねる激戦区だ。
「オニィサン、大盛リニスルヨ!」と威勢のいい店長。
「オニィサン、大盛リニスルヨ!」と威勢のいい店長。
呼び声に誘われふらふらと入っていくと、愛想のいい店長さんの店に行き当たった。日本語がうまいし、写真も「撮リタイノ? イイヨー!」と言ってくれた。
こういうケバブ屋さんなら、盛りの量にも期待できる。

さてどうだ!
どどん! あつあつのMIXケバブ(500円)、入りました!
どどん! あつあつのMIXケバブ(500円)、入りました!
正直、すでにケバブ屋さんに心を許しつつあるので、気さくな店長が作ってくれたこれを解体して計量するのは心苦しいのだが、記事のために心を鬼にして分解する。

そして結果はこうなった。
!
すごい! ビーフ・チキンのミックスというぜいたくメニューなのに秋葉原を上回る肉の量。

何だこの豪華さ、これこそあぶり肉のユートピアじゃないか。ありがとうモーゼスさん!(店長)
あまりに嬉しくてもう一個買った!(背後はモーゼスさん)
あまりに嬉しくてもう一個買った!(背後はモーゼスさん)
手のひらを返したようにケバブが好きになっている僕だが、ここは冷静に考えたい。
肉が多いのは都会だけかもしれない。また、もしかしたらハンバーガーに比べて割高かもしれない。

さらに踏み込んで、追及してみたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓