コラボ企画 2014年12月22日
 

カロリーメイトをプロレス技にする

これが必殺技「カロリーメイト プレーン」だ!
これが必殺技「カロリーメイト プレーン」だ!
おなじみカロリーメイトにプレーンという新商品が出た。

新商品の魅力をわかりやすく伝えるため、プロのレスラーにお願いしてプロレス技にしてみました。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

始まりは思いつき

カロリーメイトから新商品「プレーン」が出たのでその魅力をわかりやすく伝えられないか、という連絡を頂いた。

カロリーメイトは大好きなので望むところである。さてどうするか。
撮影場所のリングに向かう電車から見えた風景。
撮影場所のリングに向かう電車から見えた風景。

いろいろ考えた挙句、プロレス技にすることにした。

カロリーメイトプレーン。ほんのり甘くて優しい味である。
これがカロリーメイト プレーン。ほんのり甘くて優しい味である。

いまかなり説明を省いたことは自覚している。なぜわざわざカロリーメイトをプロレス技に、と聞かれても、もはや自分でも説明できない。ただ、よかれと思ったから、それだけである。

この思いつきがこの後たいへんなことになるのだけれど、最後にはいい技ができるので順を追って見ていってほしい。

Twitterに助けられる

企画が決まってからというもの、友人の友人の知人、くらいの遠さまでプロレス関係者を探してみたのだけれど、なかなかお願いできそうな人が見つからなかった。藁をも掴む思いでTwitterに「どなたか」と書き込んでみたところ
なんとプロレス団体の方から直接返事をいただいた。
なんとプロレス団体の方から直接返事をいただいた。
聞いてみるものである。

そういうわけで今僕はプロレスのリングに向かっている。
カロリーメイトを持って。
カロリーメイトを持って。
せめてもの助っ人としてプロレス好きライター、玉置さんに同行してもらった。
せめてもの助っ人としてプロレス好きライター、玉置さんに同行してもらった。
僕はそれほどプロレスに詳しくないので、レスラーの方がどんなテンションで出てくるのかわからずに不安だった。いきなり扉を蹴破って入ってくるんじゃないか、火とか吹きながら「これがおれのカロリーメイトだ!」みたいな理屈の通じないことを言われるんじゃないか。
サイズ感がおかしい。合成写真みたいである。
サイズ感がおかしい。合成写真みたいである。
プロレスのリングは触ってみると想像よりずっと硬くて冷たかった。
うわー、まじなやつだこれ。
うわー、まじなやつだこれ。
道具見ただけで筋肉痛になりそう。
道具見ただけで筋肉痛になりそう。

素人の考える「カロリーメイト プレーン」

選手たちを待つ間、緊張をほぐすために同行してくれた玉置さんに、玉置さんだったらカロリーメイト プレーン、どんな技にしますか、と聞いたところ独自の解釈で技の説明をしてくれた。
「僕なら長机で殴ります。」
「僕なら長机で殴ります。」
理由はカロリーメイトの形が長机に似ているから、とのこと。それははたしてプロレス技なのだろうか。それともプロレスに詳しい玉置さんが言うのだからプロレスとはそういう世界なのだろうか。

ちなみに僕はこんな感じのを思い描いていた。
「メイト(友)ということで肩を組んだまま後ろ向きに倒れこんで頭をやります。」
「メイト(友)ということで肩を組んだまま後ろ向きに倒れこんで頭をやります。」
この中に正解はあるのか。なければいいと心から思う。

次のページでレスラーが出てきます。


カロリーメイトは4本、この記事も4ページ。


カロリーメイト プレーン


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓