土曜ワイド工場 2014年12月27日
 

高知の路面電車は謝りながら走る〜好きなところに行く〜

「ごめんごめん」
「ごめんごめん」
行ったことのない場所に行きたい。47都道府県の中で、未踏の地が4つある。青森、島根、鳥取、高知。今回の旅先に選んだのは、暖かそうな高知県だ。イメージとしては、路面電車、鰹のタタキ、桂浜。そして、お酒を飲み干さないと置けない天狗のお面のような器も、いつか体験してみたいと思っていた。
ライター。たき火。俳句。酒。『酔って記憶をなくします』『ますます酔って記憶をなくします』発売中。デイリー道場担当です。押忍!

前の記事:「携帯で撮った面白写真グランプリ2014」
人気記事:「うまい棒に仏像を彫る」

> 個人サイト 道場主ブログ

一番の繁華街は「はりまや橋」の西一帯

羽田から1時間半。高知龍馬空港に着いた。気温は8度で、それほど暖かいわけではなかった。
空港ロビーで龍馬さんと
空港ロビーで龍馬さんと
直通バスに揺られること40分、高知駅に到着。ひときわ目を引く大屋根の構造材には杉の木を使用。森林面積が84%と全国一の高知ならではの趣向だ。
右には路面電車の発着駅
右には路面電車の発着駅
駅前には、坂本龍馬、中岡慎太郎、武市半平太という土佐勤王党のお三方。
それにしてもでかい銅像だ…
それにしてもでかい銅像だ…
ちょうどお昼時。まずは、食事をいただこう。今回の旅ではスマホ検索を封じてみる。インフォメーションのお姉さんに、どこかオススメはあるかと尋ねると「『ひろめ市場』ですね。地元の人もよく行きますよ」とのこと。
地図に丸印を付けてくれた
地図に丸印を付けてくれた
どうやら、市内で一番の繁華街は駅から600mほど南にある「はりまや橋」(H部分)の西一帯らしい。
さらにその先には高知城
さらにその先には高知城
このエリアを起点に今日明日の行動を考えよう。
きわめてよい風景である
きわめてよい風景である

路面電車を乗りこなし、気分はすでに地元民

路面電車を降りて街を歩いている時に発見した。行き先に「ごめん」と表示した路線があることを。
けなげである
けなげである
「後免」という地名があることから、このようなかわいい車両が存在しているのだ。

さらに、「いの」行きもあった。両者がすれ違うと、「ごめん」「い(い)の」という牧歌的なやりとりが生まれる。
漢字では「伊野」
漢字では「伊野」
なお、インフォメーションのお姉さんから「乗り換える時は運転士にそう伝えると小さな券がもらえます。これで市内均一200円で乗れるんです」という情報を得ている。
あらためて払う必要がない
あらためて払う必要がない
路面電車を乗りこなし、気分はすでに地元民である。市内のおおまかな地図も頭に入ってきた。
中心部には、こうしたアーケード街がいくつかある
中心部には、こうしたアーケード街がいくつかある
大通りから一本入ると、よい雰囲気の路地にたくさん出会える。散歩が楽しい街なのだ。
どことなく郷愁を誘う街並み
どことなく郷愁を誘う街並み
江戸期の「はりまや橋」を再現したもの
江戸期の「はりまや橋」を再現したもの
お遍路さんもいます
お遍路さんもいます

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓