ひらめきの月曜日 2015年1月5日
 

旅するように日常を

!
端から端まで慎重に。(橋だけに)
端から端まで慎重に。(橋だけに)
旅に出ると、現実から解放され、突拍子もない行動に出るときがある一方で、見知らぬ土地でサギにあったりして苦渋をなめることもある。それが旅の醍醐味だ。

目前には、日々あたりまえのように渡っていた歩道橋がある。そうだ、今わたしは旅をしているんだ。
そう思い込むとこの橋が、確実に安全だとは言い切れないような気がしてきた。

石橋を叩いて渡るように、歩道橋を叩いて渡ります。

しかも工事中だった!

雨の日も雪の日も、平然と渡っていた歩道橋だが、考えてみるとキケンきわまりないではないか。しかも工事中である。なんということだ。
なんの躊躇もなく渡る人々が勇者に見えてきた。お、おそろしい……。なんと勇敢な人たちなんだ……。
なんの躊躇もなく渡る人々が勇者に見えてきた。お、おそろしい……。なんと勇敢な人たちなんだ……。
考えれば考えるほど不安だけが募っていく。
これはもうあきらかに、安全を確保をしなければならない。なにが落ちているかわからないので素手での確認はもっと危険だ。
そこで用意したのが上のふたつ。些細なヒビも逃さないぞ。
そこで用意したのが上のふたつ。些細なヒビも逃さないぞ。

恐る恐る、一段づづ確認していく。
恐る恐る、一段づづ確認していく。
紅白のセーフティーコーンは、さらに恐怖心を増幅させる道具だと知った。
紅白のセーフティーコーンは、さらに恐怖心を増幅させる道具だと知った。
現時点では異常なし。みんな安心して渡ってくれ。
現時点では異常なし。みんな安心して渡ってくれ。
ここここ! こういう境目が1 番危険なのだ。
ここここ! こういう境目が1 番危険なのだ。
慣れない作業は腰にくることも知った。新しい事を知るのも旅ならでは。
慣れない作業は腰にくることも知った。新しい事を知るのも旅ならでは。
やっと下りの階段へ……。もう少しだが、一気に落ちそうにもなるので時間 がかかる。
やっと下りの階段へ……。もう少しだが、一気に落ちそうにもなるので時間 がかかる。
あと一段……。疲れがピークに……。
あと一段……。疲れがピークに……。

思いがけず本物の旅気分。山を制したような爽快感と疲労

終わった……。
最後の一段を確認し、地上に降りた時、まるで山登りをしたかのような気分を味わうことができた。これはあるイミ、確実に旅だったと言えよう。

しかし、下りの階段は前のめりになりすっ転びそうになるというさらにキケンが潜んでいたのでヘルメットの着用が必要だったと後悔した。

そしてなによりも、歩道橋の上で立ち止まると、予想だにしていなかった大きな『揺れ』を感じる。これは盲点だった。疑心暗鬼がさらに恐怖心を生む。ホラーやサスペンス愛好者のみなさんにはおすすめな身近な旅だった。

過ぎたるは猶及ばざるがごとし

旅(登山)気分は味わえたかもしれないが、
ふつーに歩いた方がよほど安心であった。
開放感でいっぱいだけど、もう二度としないぞーーーーーー!
開放感でいっぱいだけど、もう二度としないぞーーーーーー!

路上でトンカチを掲げているわたし自身の方が、よほどキケン人物かもしれない。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓