フェティッシュの火曜日 2015年1月6日
 

海岸で凧揚げしているみたいにカニを捕る

凧が海に落ちて途方に暮れている風ですが、実はカニを捕っています。
凧が海に落ちて途方に暮れている風ですが、実はカニを捕っています。
あけましておめでとうございます。

さて正月といえば凧揚げですね。あれはとても楽しいものですが、凧は蛸じゃないのでいくら揚げても食べられません。

そこで凧を揚げる振りをして、美味しいカニを捕ってみてはいかがでしょうか。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「世界が検索したラーメン味オレオとオレオ入りラーメン」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

漁網店でカニを捕る網を買う

凧揚げの振りをしてカニを捕るためにまずやってきたのは、千葉県白子町にある森川漁網店。

その名の通り、漁で使う網を扱う専門店で、オーダーメイドの投網、カモ猟で使用する網、潮干狩りの貝を入れる網、あるいはベランダのハト避けネットなど、網に関するものはタイツ以外なら大体揃うお店である。
プロもアマも訪れる森川漁網店。以前、投網入門でお世話になったお店です。
プロもアマも訪れる森川漁網店。以前、投網入門でお世話になったお店です。
オーダーメイドの投網を作ってくれる、日本に数少ない職人さんがやっています。
オーダーメイドの投網を作ってくれる、日本に数少ない職人さんがやっています。
投網を投げた後に網をすぼめるためのリングなど、謎の道具が売られていて楽しい。
投網を投げた後に網をすぼめるためのリングなど、謎の道具が売られていて楽しい。
体を洗う用の網とかもあったよ。
体を洗う用の網とかもあったよ。
そろそろ投網も買いたい年頃だけれど、今日ここで買うべきは森川漁網店オリジナルのカニ網である。

海でのカニ捕りはそこそこメジャーな遊びなので(狭い世界の話ですが)、釣具屋などでも似たようなカニ網は売っているのだが、やはり外房の砂浜専用に開発されたオリジナル商品で攻めるべきだろう。

網の大きさ、オモリの重さなど、すべてのパーツが市販品とは一味違うのである。
このバブル時代のソバージュヘアみたいなやつがカニ網。せっかくなので特大サイズをおすすめします。
このバブル時代のソバージュヘアみたいなやつがカニ網。せっかくなので特大サイズをおすすめします。
そしてこのカニ網と一緒に買いたいのが、凧揚げ用の糸と糸巻である。

普通は竿とリールを使用したり、空のペットボトルに糸を巻いたものなどを使うのだが、森川漁網店のオススメは、この凧揚げ用の道具なのだ。
100メートルの糸が巻いてある。カニ捕りに飽きたら凧揚げで使うのもいいだろう。
100メートルの糸が巻いてある。カニ捕りに飽きたら凧揚げで使うのもいいだろう。
ついでにエサも買っておこう。
ついでにエサも買っておこう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓