はっけんの水曜日 2015年1月7日
 

大空なう、スカイダイビングに初挑戦

!
近年、どういうわけか高いところに行くと「あ〜飛んでみたい」と思うようになった。
とはいえ、本当に飛んでしまえば死んでしまう。それは人生において重大イベントなので自重しなければならない。

そこへ、「だれか一緒にスカイダイビングしませんかー」というtwitter上での呼びかけを目にした。

「こ、これだ!」
一種の発作、という感じで飛んできました。落ちた、というか。
イカとタコが大好きで、食べたり被ったり本まで出版しました。 でもサイコーに好きなのはアワビだったりします。世間に対する謙虚です。
> 個人サイト Weekly Teinou 蜂 Woman

密かなブームなのか? 予約をとるのもハードだった

twitter上で呼びかけていたのは斉藤さん。アイドルのスカイダイビングPVを観て、自分もやりたくなってしまったのだという。

なんとも単純な発想だが、人はこうして思いがけないカタチで体験を積んでいくものなのかもしれない。

スカイダイビングは平日でさえなかなか予約が取れない人気だった。やっと決まったと思ったら、なんと当日は台風がきてしまい延期になってしまった。

次に予約が取れたのは2か月後の12月だ。

身近なところでスカイダイビングができる

埼玉県の桶川駅からバスで15分。有志5名で向かったので、タクシーを使う。
埼玉県の桶川駅からバスで15分。有志5名で向かったので、タクシーを使う。
実は、スカイダイビングなんて海外でやるものだと思っていたことを告白しよう。
都内近郊でも数カ所はあり、その中でも一番近いと思われた埼玉県の「東京スカイダイビングクラブ」をチョイス。
埼玉だけど「東京」。ディズニーランドみたいなもんだろう。
到着。ディ○ニーランドの何倍もワクワクする。
到着。ディ○ニーランドの何倍もワクワクする。
本物のスカイダイバーたちが次々に飛んでいるのを目の当たりにしてコーフンがおさまらない。
本物のスカイダイバーたちが次々に飛んでいるのを目の当たりにしてコーフンがおさまらない。
事務所内で各種手続き。といっても、書類に目を通してサインするだけ。その後は呼ばれるまで待機する。
事務所内で各種手続き。といっても、書類に目を通してサインするだけ。その後は呼ばれるまで待機する。
クラブ所有のセスナは一機。カメラマンとタンデムマスターとの関係で、二手に別れて搭乗、ダイビングすることになっていた。そもそも恐怖心がゼロだったうえにわたしは第2陣だったので余裕があった。
無造作においてあるジャンプスーツから1枚チョイス
無造作においてあるジャンプスーツから1枚チョイス
装備はタンデムマスターがしてくれる。この辺からわたしは任せきっていた。
装備はタンデムマスターがしてくれる。この辺からわたしは任せきっていた。
命預けてるので身を任せてなすがまま。
命預けてるので身を任せてなすがまま。
その後はレクチャー。
その後はレクチャー。

長いレクチャーはなく、要約すると3つ

集合は搭乗1時間前というので、よほど長いレクチャーがあるのかと思っていたら、装備をしながらだったりのカンタンなものだった。

1)セスナからジャンプするときはエビ反りになり下をみ ない
2)ジャンプ後、マスターが3回ワキを叩いたら両腕をあ げる
3)着地前は脚をあげる

きちんと聞いていたつもりだったが、じっさいわたしはすべてマスターに委ねていたので、高揚しすぎて頭に入っていなかったのかもしれない。
依頼した専属カメラマンは、ダイビング前の動画インタビューまでしてくれる。「今のご気分は?」「たーのしーみでーす!」
依頼した専属カメラマンは、ダイビング前の動画インタビューまでしてくれる。「今のご気分は?」「たーのしーみでーす!」

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ