はっけんの水曜日 2015年1月14日
 

ライオン錠コレクション

結局ぶらぶらする記事なんですが。
結局ぶらぶらする記事なんですが。
めちゃめちゃかっこいい百獣の王ライオンは多くの生息地で絶滅の危機にさらされている。アフリカやインドの大草原だけでの話ではない。我が国の住宅の門扉でにらみをきかしているかっこいい生首のあれも、もはや絶滅危惧種となっている。今のうちに観察しておこう。
1975年神奈川県生まれ。普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。 最近バレンチノ収集を始めました。
> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

ライオンかっこいい

強者の象徴としてラスコー洞窟の壁画以来、美術から街の看板にいたるまで様々な作品のモチーフとなってきたライオン。射すくめるような鋭い目つき、黄金の輝きを放ち堂々と風になびくたてがみ。王者としての威厳に満ちたそのたたずまいは表現者のクリエイティビティを強く刺激する。
街中で強者としての威厳をはなつ。
街中で強者としての威厳をはなつ。
愚かな人類を導く。
愚かな人類を導く。
たてがみ、もはや髪型。
たてがみ、もはや髪型。
子供の頃、カーブの事をファールと言うくらい野球に疎かったが、西武ライオンズが好きだった。帽子に縫い込まれていたマスコットのレオ目当てである。おかげでテリーという助っ人外人がすごく打つ事までは学習した。

かっこいい分類

そんなライオングッズの中でも群を抜いて渋かっこいいのが住宅の門扉についている「取っ手」で一般的には「ライオン錠」などと呼ばれている。
真ん中の輪っかを加えているやつです。
真ん中の輪っかを加えているやつです。
片方のライオンをくるっと回してがちゃんと扉を閉ざす(直感的な説明)
片方のライオンをくるっと回してがちゃんと扉を閉ざす(直感的な説明)
住宅と外界をつなぐ門に鎮座し、押し売りなどの不審者には無言の咆哮を投げかけ威嚇する。かっこいい、高貴でかっこいい。私と同じアラフォー世代は実家や友人の家の門扉にこれがいたりして「あ〜あれね」とピンと来る方も多いのではないだろうか。
我が実家は残念ながらライオンではない、しかもなんだこのずれは。
我が実家は残念ながらライオンではない、しかもなんだこのずれは。
勝手口も守護します。
勝手口も守護します。
一口にライオン錠と言ってもいくつかの種類があり、同じ種でもカラーやテクスチャ、塗装の禿げ方などによって表情も異なって見えてくるから面白い。大まかに分類するとこんな感じ。

ダンディー

匂い立つダンディズム。
匂い立つダンディズム。
もっともクラシカルなデザイン。眉間にシワをよせたどこか憂いのある表情は威厳だけでなく、ギリシャの哲学者のような知性を感じさせる。
たいがい門扉のデザインもエレガントでかっこいい。
たいがい門扉のデザインもエレガントでかっこいい。
青銅も思索の深さを感じさせるカラーリングだ。私が輪っかをくわえているのか、輪っかが私をはさんでいるのか。
青銅も思索の深さを感じさせるカラーリングだ。私が輪っかをくわえているのか、輪っかが私をはさんでいるのか。
かっこいい。もはやライオンというより、一人のおっさんとしてかっこいい。
褐色もいい枯れ具合。たばこはきっとセブンスターだ。
褐色もいい枯れ具合。たばこはきっとセブンスターだ。
50年もののヘネシーで心地良く赤ら顔。
50年もののヘネシーで心地良く赤ら顔。

ナイスガイ

これはイケメン。読モにスカウトされるタイプだな。
これはイケメン。読モにスカウトされるタイプだな。
一見、先に挙げたダンディと同じに見えるが、肌が滑らかで表情もいくらか柔和、角度によってはアルカイックスマイルを浮かべているようにも見える。
カルマを積むと額にサードアイが開く(塗装はがれ)
カルマを積むと額にサードアイが開く(塗装はがれ)
サードアイ開きがち。
サードアイ開きがち。
あ、これでおでこが擦れるからか(右側)
あ、これでおでこが擦れるからか(右側)
このダンディとナイスガイのデザイン性を持ち合わせながら独特の進化をとげた種が存在する。
建物がすでに取り壊され、門扉だけの状態で発見。
建物がすでに取り壊され、門扉だけの状態で発見。
結構なレアもので私はまだ2個しか見た事がない。
ディテールはこちらの写真のほうが見やすいかな。
ディテールはこちらの写真のほうが見やすいかな。
これもまたわかりにくいのでちょっと並べてみよう。
並べてみると、ほら!
並べてみると、ほら!
ほら!というほどの事かどうかわからないがこのモデルは取っ手をくわえていないのだ。

大きい鈍角の牙とヒゲ部分の毛穴のせいでだらしなく笑うおっさんに見えなくもないが、使命から解放され自由となったその口から、饒舌にマクロ経済学など語りだしそうではないか。

ワイルド

さんざんライオンを紹介しておいて今さら「ワイルド」というのもアレだが、若々しさと攻撃性にあふれる表情が売りのモデル。
なに見てんだコノヤロー。
なに見てんだコノヤロー。
いまにも噛み付きそうに口角をあげ、まなじりを裂いてこちらを威嚇する、ライオン本来の野性味がエクステリアにほどよい緊張感をあたえる。
門扉との上品なコントラストに怒り面のアクセント。
門扉との上品なコントラストに怒り面のアクセント。
すてきなカスタマイズ。ウェルカムカラーに。
すてきなカスタマイズ。ウェルカムカラーに。
ここまでの3種がわりとよく見るライオン(わっかをくわえていないのは別)、次は、出現率が低いレアライオン達である。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓