コラボ企画 2015年1月21日
 

ドキュメンタリー 5mの自撮り棒

これぐらい伸ばすのが2015年のスタンダード
これぐらい伸ばすのが2015年のスタンダード
自撮り棒が欲しくていろいろ調べていたのだが、一番長いものでも1.2mだった。
もっとばかみたいに長いものはないだろうか。
一人で三脚も使わずに引きの映像が取れる棒が欲しい。

5mぐらいあれば十分だろう。
1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。 編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。

前の記事:「模式図で自分をだましたい」
人気記事:「空中浮遊写真を撮る方法」

> 個人サイト webやぎの目

ドキュメンタリーチャンネル風にまとめた

今回は5mの自撮り棒を試すようすを短い映像にまとめてあるので、それをまずは見ていただきたい。
見終わりましたか?ディスカバリーチャンネルとナショナルジオグラフィックチャンネルを意識したのだ。

日本人しか出てなくて日本語のウェブサイトに載せるのに、意味なく英語にしてまた日本語字幕を入れた。すべてはそれっぽくするためにだ。

英語ナレーションは現役のDJ・ナレーションの仕事をしているジョーダンチャンさんと岡田朗さん。女性の吹き替えはスカパー!の杉原さんである。
けっこう正統派のドリカム状態
けっこう正統派のドリカム状態
杉原さんはイギリスの大学を出ていることが分かってお願いした。先月のギャルのコール役とは180度違う役割である。おかしなところにコラボ頼んじゃったなーと思ってないか心配だ。

ドキュメンタリーチャンネルあるある

海外のドキュメンタリー番組にありがちなこととしては
なんだか全体に画面が青い
なんだか全体に画面が青い
しゃべってる時にいきなりアップが挿入されたりする
しゃべってる時にいきなりアップが挿入されたりする
識者のコメントが入る
識者のコメントが入る
象徴的な映像が挟まる
象徴的な映像が挟まる
ロイヤリティフリーの映像にスマホを使っている外国人の映像があったので入れてみた。素材なのでまったく知らない人だし本編には登場しない。雰囲気作りに協力してくれてありがとう、知らない人。

ちなみに英語吹き替え前の映像はこちら。
アーティストよしだ、かすやの両名(テクノ手芸部)が全く違うことを言っているが、否定的なことを言ったほうがストーリー的に盛り上がるので意訳した。

あと、5mの自撮り棒で撮影したあとに「できました!」と吹き替えているが、実際には「重いっすねー」みたいな低いテンションだった。
動画の撮影と編集は今回も住さんです(自撮り棒で撮った写真)。
動画の撮影と編集は今回も住さんです(自撮り棒で撮った写真)。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓