フェティッシュの火曜日 2015年1月20日
 

確実にPDCAサイクルを回す最強メソッド(紙で)

!
サラリーマンをやっていれば「PDCAサイクルをきちんと回せ」、と説教されたことは、一度や二度ではないだろう。
しかし「カライドサイクル」という科学的な方法を使えば、を誰でも確実にPDCAサイクルを回すことができるのだ。

用意するのはなんと、紙1枚にハサミ・ノリだけである。
1978年、東京都出身。漂泊の理科教員。名前の漢字は、正しい行いと書いて『正行』なのだが、「不正行為」という語にも名前が含まれてるのに気付いたので、次からそれで説明しようと思う。
> 個人サイト まさゆき研究所 新棟

最強のPDCAサイクルは10分で作れる

(1)まずはP・D・C・Aの4文字を書いた画像を用意しよう。形は正方形で、文字は中央に寄せて書こう。
!
!
!
!
(2)続いて、型紙を作成するサイトでこの4枚の画像を登録する。そして「make」ボタンを押すと型紙の画像が出力されるので、これを厚紙に印刷しよう。
紙の厚さはカレンダーぐらいがちょうどいい。
紙の厚さはカレンダーぐらいがちょうどいい。
(3)あとは英語の説明に従って、紙を切り貼りする。全部で10分ぐらいだ。もうこれでPDCAサイクルの完成である。
こんなにお手軽!PDCAサイクル!
こんなにお手軽!PDCAサイクル!
予想がつく人もいるかもしれないが、このPDCAサイクルを実際に回してみるとこうなる。
!
このとおり、いくらでも好きなだけPDCAを回せる。
いったいこれが何なのか? どうやって作るのか?
コツも含めて、次ページで説明しよう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓