はっけんの水曜日 2015年1月21日
 

「アール・デコトラ」を作ってみた

試行錯誤の果て。
試行錯誤の果て。
最近、映画「トラック野郎」が気になって気になって。主演の菅原文太さん追悼の意味もあるが、その以前からテレビで放映されていたのを見ていて、なんだこの映画は!と 大変ぶったまげたのだ。

そんなわけで私もデコトラ作ってみたくなった。どんなデコにしよう。あんなデコにしてみようか。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

デコトラを2台作る、その終わりなき道

件の映画、初めて見たときの衝撃はすごかった。小さい頃に上演され人気があったのは知っているが、仁侠映画のようなイメージがあったので見ずにおいた、それが悔やまれる。だって走行シーンが、突然特撮になるんだぜ。内容もハチャメチャながらカラッとしていて、昔の俳優たちも元気でかっこよくて、DVDを集め始めてしまった。

探したら、アオシマからデコトラプラモシリーズが発売されていた。まさか自分がデコトラのプラモを買うときがくるとは、人生わからないものである。2つ入りで5千円弱と、今回の企画に大変都合がよいのですぐに取り寄せた。
2トン車2台入りで、あら お得!
2トン車2台入りで、あら お得!
開けると、山と積まれた部品。おおいにたじろぐ。よく考えたらプラモを一から作るのはこれで2回目か3回目だ。こんな少ない回数でデコトラを引くとは、人生わから・・・(略)
これこれ、シールとデカールがトラック野郎気分を盛り上げる。「二日酔いだよ!全員酒豪」などのグッとくるコピーも健在だ。
これこれ、シールとデカールがトラック野郎気分を盛り上げる。「二日酔いだよ!全員酒豪」などのグッとくるコピーも健在だ。
これこれ、きらめくマーカー(ランプ)の数々。そして細かい・・・大丈夫か。
これこれ、きらめくマーカー(ランプ)の数々。そして細かい・・・大丈夫か。
1個目の「雷神」号は、勉強も兼ねて説明書通りに作ろう。細かいパーツばかりだが、1から少しづつ進めていけば大丈夫だろう。
細かいパーツもさぼらず律儀に塗る。エアブラシがないのでベタ塗り。
細かいパーツもさぼらず律儀に塗る。エアブラシがないのでベタ塗り。
電飾付けの内職感!
電飾付けの内職感!
シールで一気に雰囲気が変わるのは楽しい。
シールで一気に雰囲気が変わるのは楽しい。
デカール貼りは単純に楽しい。
デカール貼りは単純に楽しい。
コツコツやっていたら、正月三が日もデコトラ制作に費やしてしまった。どこまで行っても終わらないのだ。やることいっぱいあった。

どうにかこうにか、説明書記載の最低限の工程を経て、まずは雷神号が完成。
圧倒的文金高島田感!
圧倒的文金高島田感!
これ以上の盛りを求める方には装飾品の予備が大量にセットされているので自由にどうぞ、ということらしい。創造性を養おう。
これ以上の盛りを求める方には装飾品の予備が大量にセットされているので自由にどうぞ、ということらしい。創造性を養おう。
塗りも、接合も、すごく大変だった。それに完成後に持ち上げようとしても「持ちどころ」が難しく、パーツをいろいろと落っことした(ヤマアラシとかを持ち上げるところを想像してほしい、そんなの持ち上げたことないが)。モデラーの人を尊敬する。どうにも、精度の高い細かい作業は自分にむいてない。もっとキレイに作ってあげたかった・・・

さておき、正統派デコトラでノウハウは多少仕入れたということにして、2台目に移ろう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓