フェティッシュの火曜日 2015年1月27日
 

全61箇所から選ぶ、地味な特別史跡ベスト10

全国に61ある特別史跡の中から、特に地味なベスト10を選びます
全国に61ある特別史跡の中から、特に地味なベスト10を選びます
「特別史跡」というものがある。日本に数ある史跡のうち、特に価値の高いものを国が指定する、いわば史跡の国宝といった文化財保護法の制度である。

2015年1月現在、特別史跡は全国に61件存在する。私はそれらをすべて巡るべく日本各地をうろうろしていたのだが、去年の9月から10月にかけて行った九州旅行において、ようやく完全制覇を達成した。

感慨深く写真を見返していて思ったのだが、いかんせん基本的に遺跡なので、ビジュアル的に地味極まりないということである。

今回は特別史跡制覇の自慢がてら、特に地味な特別史跡ベスト10を独断と偏見で選出したい。
1981年神奈川生まれ。テケテケな文化財ライター。古いモノを漁るべく、各地を奔走中。常になんとかなるさと思いながら生きてるが、実際なんとかなってしまっているのがタチ悪い。2011年には30歳の節目として歩き遍路をやりました。2012年には31歳の節目としてサンティアゴ巡礼をやりました。
> 個人サイト 閑古鳥旅行社 Twitter

特別史跡の中でも城跡は割と派手

特別史跡に指定されている史跡は実に様々な種類がある。

それらの中でも城跡は天守などの建造物が良好に残っていたり、そうでなくても立派な石垣や堀など、堂々たる構えを見せている。

なので、特別史跡の城跡は有名かつ見栄えの良いものが多い。地味ランキングとしてはすべて選外とする。
天守をはじめ、数多くの建物が残る「姫路城跡」
天守をはじめ、数多くの建物が残る「姫路城跡」
姫路城ほどではないけど、こちらも多くの建物が残る「彦根城跡」
姫路城ほどではないけど、こちらも多くの建物が残る「彦根城跡」
「大坂城跡」は巨石を組み上げた石垣が凄い
「大坂城跡」は巨石を組み上げた石垣が凄い
現在、本丸御殿を再建中の「名古屋城跡」
現在、本丸御殿を再建中の「名古屋城跡」
天下の「江戸城跡」。天守は残ってないけど、広大で見応えがある
天下の「江戸城跡」。天守は残ってないけど、広大で見応えがある
ヤバいくらいの高石垣を持つ「熊本城跡」
ヤバいくらいの高石垣を持つ「熊本城跡」
織田信長が築いた「安土城跡」。建物は信長の死と共に焼失したが、壮大な石段が残っている
織田信長が築いた「安土城跡」。建物は信長の死と共に焼失したが、壮大な石段が残っている
織田信長に敗れた朝倉氏の本拠地「一乗谷朝倉氏遺跡」
織田信長に敗れた朝倉氏の本拠地「一乗谷朝倉氏遺跡」
豊臣秀吉が朝鮮出兵の拠点とした築かせた「名護屋城跡」
豊臣秀吉が朝鮮出兵の拠点とした築かせた「名護屋城跡」
特別史跡の中では一番新しい、幕末に築かれた「五稜郭跡」
特別史跡の中では一番新しい、幕末に築かれた「五稜郭跡」
城とはちょっと違うけど、東海道の関所であった「新居関跡」。江戸時代の建物が現存する唯一の関所だ
城とはちょっと違うけど、東海道の関所であった「新居関跡」。江戸時代の建物が現存する唯一の関所だ

特別史跡の庭園もまた派手である

特別史跡に指定されているものの中には庭園も多く、城跡と共に特別史跡の華というべき存在となっている。

まぁ、庭園は美しさを目指して作られるものだし、地味とは対極の位置ですな。これらもまた地味ランキングとしては選外。
京都観光の定番、北山文化の代表格「鹿苑寺(金閣寺)庭園」
京都観光の定番、北山文化の代表格「鹿苑寺(金閣寺)庭園」
同じく東山文化の代表格「慈照寺(銀閣寺)庭園」
同じく東山文化の代表格「慈照寺(銀閣寺)庭園」
豊臣秀吉が築いた「醍醐寺三宝院庭園」は撮影禁止なので外壁のみ
豊臣秀吉が築いた「醍醐寺三宝院庭園」は撮影禁止なので外壁のみ
東京ドームのすぐ側に位置する「小石川後楽園」。水戸黄門こと徳川光圀が完成させた大名庭園
東京ドームのすぐ側に位置する「小石川後楽園」。水戸黄門こと徳川光圀が完成させた大名庭園
東京湾に面した汐留の「旧浜離宮庭園」。海水を引きこんでおり、干潮と満潮で水位が変化する
東京湾に面した汐留の「旧浜離宮庭園」。海水を引きこんでおり、干潮と満潮で水位が変化する
こちらは奈良時代に作られた「平城京左京三条二坊宮跡庭園」
こちらは奈良時代に作られた「平城京左京三条二坊宮跡庭園」

世界遺産になっている特別史跡もある

特別史跡は世界というグローバルな視点で見ても価値の高いものが多く、中にはユネスコの世界遺産リストに記載されているものも存在する。ご存じの通り、一番最初に挙げた姫路城も世界遺産だ。

世界遺産という時点で史跡の整備や観光地化が進み、地味なイメージは消え去ってしまう。これらもまた、地味ランキングとしては選外とさせていただこう。
“古都奈良の文化財”の構成要素として世界遺産の「平城宮跡」
“古都奈良の文化財”の構成要素として世界遺産の「平城宮跡」
世界遺産“厳島神社”のある「厳島」も特別史跡
世界遺産“厳島神社”のある「厳島」も特別史跡
金色堂で有名な“平泉”の「中尊寺境内」も特別史跡であり世界遺産
金色堂で有名な“平泉”の「中尊寺境内」も特別史跡であり世界遺産
中尊寺と平泉の双璧を担う「毛越寺境内」は庭園が見事
中尊寺と平泉の双璧を担う「毛越寺境内」は庭園が見事
同じく平泉の「無量光院跡」はかなり地味であったが……
同じく平泉の「無量光院跡」はかなり地味であったが……
「無量光院跡」には京都の平等院鳳凰堂のような仏堂と庭園があったというが、奥州藤原氏の滅亡と同時に荒廃し、現在は礎石(柱の下に敷く石)が残るのみである。

私が訪れた当時(2006年)は史跡の大部分が水田となっており、地味ランキングとしてはかなりポイント高かった。

しかし中尊寺や毛越寺などと共に世界遺産になったことで今後は整備が進められ、いずれは庭園としての面影を取り戻すことだろう。将来を見越して選外とする。
これ自体は世界遺産ではないけど、世界遺産である“日光の社寺”へと続く「日光杉並木街道」
これ自体は世界遺産ではないけど、世界遺産である“日光の社寺”へと続く「日光杉並木街道」
ついでといってはなんだが「日光杉並木街道」も選外とする。

日光杉並木は世界最長の並木道としてギネスブックに載っており、また「特別史跡」と「特別天然記念物」のダブル指定を受けている。特別史跡の中では十分派手な部類なのだ。

とまぁ、まずは特別史跡の中でも比較的派手目な写真を並べてみたが、次のページからはいよいよ地味な特別史跡ランキングベスト10の発表である。

私が独断と偏見で選んだ地味第10位は、かつては教科書にも載っていたあの遺跡だ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓