コラボ企画 2015年2月9日
 

住宅の最新機能を、人力で再現する

ハイテク住宅を人力で再現します。
ハイテク住宅を人力で再現します。
エコハウスやスマートハウスと呼ばれる家が人気らしい。

省エネルギーだったり安全対策だったり、いろいろなところに最新技術が使われた住宅のことである。

それ、人がやろうとするとどのくらい大変なんだろう。

同じ機能を人の手で再現してみました。


※今回はLISTとのコラボのため販売中の住宅で撮影しています。実際の住宅とは装備が異なることがあります。
1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。
> 個人サイト むかない安藤 ツイッター

それくらい、おれたちにもできないか

いまや家も進化を遂げ、いろいろな最新機能を備えた住宅が人気だという。

たとえば電気を使わずに室温を快適に保ったり、外から家電を操作できたり、そういうことを家がやってくれるのだ。それはすごい。

しかし考えようによってはそれ、人がやってもよくないか。家ばかりがスマートだエコだとちやほやされてずるいので、ここで最新機能を人で再現して家の鼻をあかしてやりたいと思う。

エコハウスの「換気」を人力で再現する

まず見ていただきたい。これ、エコハウスのどんな機能を表しているかわかるだろうか。
おれたち、なーんだ。
おれたち、なーんだ。
なーんだ。
なーんだ。
正解は「換気」である。

最新のエコハウスには24時間熱交換換気システムが搭載されているのだ。

どういうことかというと
部屋が寒い!
部屋が寒い!
それもそのはず、室温10℃だもの。
それもそのはず、室温10℃だもの。
そんな時にも役に立つのが我々エコハウスである。
背の順に並んだエコの換気システム。全員メガネ。
背の順に並んだエコハウスの換気システム。写真左から木村、西村、安藤、地主、斎藤。全員メガネなのは普段ライターとして活動しているなごり。
エコハウスの「換気」システムは、冷たい外気を温めて部屋の中に引き込むのだという。

それを人が再現するとこうなる。
まずは自分たちの体を温めなきゃね!
まずは自分たちの体を温めなきゃね!
そうしたら冷たい外気を肺の中でいったん温めて、それから室内へと引き込むよね。
そうしたら冷たい外気を肺の中でいったん温めて、それから室内へと引き込むよね。
しばらくすると室温が0.4℃も上がった!
しばらくすると室温が0.4℃も上がった!
われわれエコハウスの努力により室温を上げることに成功した。若干室内に二酸化炭素が多めに含まれているかもしれないが、それは暖かさとのトレードである。

しかしこれ、5分もやっていると一人二人とふらふらしながら座り込んでいく。なかなかハードな機能だとわかる。

座り込むエコハウス。
座り込むエコハウス。
これを24時間体制で対応するには肺から鍛えなおす必要があるだろう。くやしいがこれが現実である。

人対家の戦いはまだまだ続く。

次に挑戦する機能は「断熱」である。どうするどうなるエコハウス。


 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ