フェティッシュの火曜日 2015年2月10日
 

手が暖かい「こたつペン」を作ってみた

ペンと暖房器具のマリアージュや!
ペンと暖房器具のマリアージュや!
冬場、冷えきった手で文字を書こうとした時、かじかんでしまってまともに文字が書けないという体験をしたことがないだろうか。
あと、金属のペン軸が冷たすぎて握れないとか。

そういう問題を解決できる、『暖かい暖房ペン』というのは無いものか。
無いなら、じゃあ作ってしまえばいいだろう。
1973年京都生まれ。色物文具愛好家、文具ライター。小学生の頃、勉強も運動も見た目も普通の人間がクラスでちやほやされるにはどうすれば良いかを考え抜いた結果「面白い文具を自慢する」という結論に辿り着き、そのまま今に至る。
> 個人サイト イロブン Twitter:tech_k

みんなそう思ってた

きっかけは、いま文房具業界で人気の“文具ソムリエール”こと菅 未里さんの「ファンペンとか涼む文房具はあるのに暖まる文房具はないのか」というツイートを読んだことだ。

なるほど、ペンのお尻に扇風機がついて涼しくなる「ファンペン」はある。
でも、暖かくなる「暖房ペン」は無い。
これが扇風機付きのペン。それなりに涼しい。
これが扇風機付きのペン。それなりに涼しい。
暑すぎて文字が書けないということはないが、寒すぎると手がかじかんで文字が書けない。
本当に解決すべきは、暑さよりも寒さのはずである。
文房具メーカー、なにやってんだ。キミらが作らないなら、僕が作るぞ。

暖房器具といえば、あれだ

ペンに装着できそうな温熱機器をネットでいろいろと検索してみると、シリコンゴムのチューブに電熱線を通した「シリコンラバーヒーター」というものが見つかった。
これをペン軸にぐるぐる巻き付けて電気を通したら、暖かくなるんじゃないか。
これが暖かい『こたつペン』。グリップに巻いてある赤いチューブがヒーター。
これが暖かい『こたつペン』。グリップに巻いてある赤いチューブがヒーター。
で、まずは完成した現物を見ていただこう。
シリコンラバーヒーターを使った暖かいペン、『こたつペン』である。
すげぇ、これ暖かいぞ!
すげぇ、これ暖かいぞ!
バッテリーにつないで通電させると、じわじわと加熱されてくる。
体温よりちょっと高いぐらいの温度で指先から暖めてくれる感じだ。

暖かいぞ、こたつペン

いきなり完成形はお見せして「暖かい!」と驚いてみたものの、本当にちゃんと暖かいのが伝わっているだろうか。
はっきりと温度を確認する為、ウェブマスター林さんから私物のサーモカメラを借りてきた。
こたつ布団をかけた状態だと確認しづらいので、布団無しで撮影しよう。
左がこたつペン、右がノーマルのペン。
左がこたつペン、右がノーマルのペン。
おお、ちゃんと暖かくなってる。
おお、ちゃんと暖かくなってる。
ノーマルのペンの軸は気温とほぼ同じで、サーモカメラだとうっすら写る程度。
それに対して見よ、こたつペンは40℃オーバー。これは間違いなく暖かいぞ。
手、冷やしすぎて本当に震えてる。
手、冷やしすぎて本当に震えてる。
こたつペンがどれほど効果的か、あらかじめ外気で手を冷やしきってから試してみた。
こういう時は早くこたつを握りたい。
こういう時は早くこたつを握りたい。
サーモカメラで見ると手の表面は20℃ぐらいか。
ペンがとても魅惑的に暖まっているのが見て取れる。
あー、あったかいわー。しみるわー。
あー、あったかいわー。しみるわー。
ペンを握った瞬間、指先をぬるま湯につけたような、じわーっと、ほわーっとした暖気がしみわたる。
これはまさにアレだ。握るこたつ。もしくは、握る温泉でもいい。
指先からじわーっと暖かい。快適。
指先からじわーっと暖かい。快適。
自販機の「あたたかーい」コーヒー缶がだいたい55℃前後。寒い時に握るとありがたい暖かさだが、ずっと握っているには熱すぎる。低温やけどもありえる。

対してこたつペンは40℃前後と、お風呂とほぼ同じ。暖めながらずっと文字を書いても快適である。
僕的には大成功といっていい。

なぜ、こたつペンなのか

ところで、なんでペンを暖めるために「こたつ型」にしたのか?

ヒーターをペンのグリップに巻き付けるだけでも指は暖かくなるだろうが、それだけではちょっと物足りない気がしたのだ。
手の上からこたつぶとんをかぶせてやれば、ヒーターの熱と体温を逃がさず取り込めるので、より暖まるに違いない。
こんな感じで作ったらいいんじゃないか。
こんな感じで作ったらいいんじゃないか。
作る前に、ひとまずノートに完成想像図を書いてみた。
おお、なんか良さそうだぞ。だいたいこんな感じのを作ってみよう。

製作過程、まずヒーターを探す

さて、完成品はイメージできたが、実際に製作に入るといろいろと問題が出てきた。

まず、ネットで検索して出てきたシリコンラバーヒーターには、抵抗値やらなにやら細かい数値ごとに種類がいくつかあった。
僕は電気工作が得意ではないので、どのヒーターがこたつペンに最適なのかよくわからない。

でも大丈夫。こういう時はプロの人にぜんぶ丸投げして教えてもらえば安心なのだ。
最初からプロに頼ってしまえば解決が早い。
最初からプロに頼ってしまえば解決が早い。
電熱設備といえば、秋葉原の「坂口電熱」さんが有名どころである。
ペンと完成想像図を持参して、店員さんに相談することにした。
オームの法則とか使って計算中。中学の理科でやったなー。
オームの法則とか使って計算中。中学の理科でやったなー。
「暖かくなるペン」という内容を説明するのにちょっと手間取ったが、お忙しいところにも関わらず,最適なシリコンラバーヒーターを検討してもらった。
これがペンに巻くのにちょうどいいヒーター。
これがペンに巻くのにちょうどいいヒーター。
ヒーターを直接握るので、温度は低温やけどをしないように38〜42℃ぐらい。
電源はモバイルバッテリーを使うのでDC5V。
さらにペン軸の直径と巻き付ける長さなどいろいろと計算してもらって、ベストなものを購入することができた。

あとはこれを使ってちまちま工作するだけである。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓