ロマンの木曜日 2015年2月12日
 

ベトナムで500円のメコン川クルーズもどきを堪能する

!
ベトナムは、日本人の観光旅行先としても人気の高い国だ。

国内の観光地は、世界遺産の雄大なハロン湾、夜に灯る無数のランタンが美しいホイアン、フランス統治時代の建築物が残るホーチミン市…など、選択肢は豊富。

その中でも有名なもののひとつが、ベトナム南部のメコン川を巡る「メコン川クルーズ」。いかにもジャングル感満載な川を下り、メコン川地域の人々のくらしをちょっぴり疑似体験できる点が魅力だ。

しかし実は、都会のど真ん中に、それのほぼ1/6の時間と料金で、よく似た「メコン川クルーズもどき」を堪能できることはあまり知られていない。その正体は「サイゴン川クルーズ」、実態を確かめに行こう。ハプニング続出だった。
1984年大阪出まれ、2011年からベトナム暮らし。日本から3600km離れた土地で、ダチョウに乗ったり、ドナルドのコスプレをしたり、札束風呂に入ったりしている。
> 個人サイト べとまる

シンチャオ(ベトナム語でこんにちは)!
ネルソン水嶋です、ベトナムのホーチミン市というところに住んでいます。

観光旅行先としても人気の高いベトナム。
ホーチミン市も含めた南部では、鉄板といってもいいツアーが存在します。

それは、「メコン川クルーズ」です。
こんな感じで、いかにもなジャングルを小舟に乗って突き進む。
こんな感じで、いかにもなジャングルを小舟に乗って突き進む。
メコン川は、タイ・ラオス・ミャンマー・カンボジア・ベトナムといった東南アジアの国々を流れる国際河川。その下流にある三角州・メコンデルタは肥沃な農地と水利に恵まれており、ベトナムからの輸出米のほとんどがここでつくられます。

メコン川クルーズは、ベトナム南部の観光において長年に渡って定番となっているツアー。バナナの葉で出来た天然のトンネルの下、メコン川をボートで進むというものです。

しかしこのツアー、移動だけで往復5時間、料金はオプションによっては一万円掛かります。当たり前といえば当たり前ですが、「トランジットだけど遊びたい!」というビジネスマンや、「なるべく旅費は抑えたい!」という学生さんにとっては難しいかもしれません。


そんなある日、友人のいがちゃん(在住1年・日本人)から連絡を受けた。


いがちゃん「ネルソンさん、都心で500円払えばメコン川クルーズもどきができるって知ってますか?」
ネルソン 「え、都心?500円?もどき?すべてが謎なんだけど!」


映像制作会社に勤める彼の話によると、ほぼ10ヶ月前にロケ地さがしで見つけたとのこと。メコン川ではなく、ホーチミン市内を流れるサイゴン川の方でクルーズが出来て、しかも発着場は都会のど真ん中。料金もたった500円で収まるんだとか。

そういえば、ホーチミン市に10年以上住んでいる人がよく、「昔はこの一帯がもっとジャングルみたいだった…」と話している様子を目にする。それがこの10年の急激な都市開発によって一気に森がビルへと変わったと。それがまだ、残っているということなのだろうか。


確かめに行こう!
ホーチミン市の中心部、一流ホテルが密集している。左下の銅像の人物は「ちんこうどう」。
ホーチミン市の中心部、一流ホテルが密集している。左下の銅像の人物は「ちんこうどう」。
上記写真の左中央の人影は13世紀に活躍したチャン・フン・ダオ将軍の銅像。漢字表記を日本語で読むと「ちんこうどう」になるが、日本語の分かるベトナム人に話すと「バカにするな」と怒られるかもしれません。
この頃、時間は3時すぎ。リバーサイドなのでくつろいでいる人もちらほらと。
この頃、時間は3時すぎ。リバーサイドなのでくつろいでいる人もちらほらと。
ネルソン 「それで、どうやってクルーズに参加するの?」
いがちゃん「川辺を歩いているとおっちゃんが『乗らないか』と話し掛けてくるんです」
ネルソン 「こっちからコンタクトとれねーのかよ!」
いがちゃん「きっといますよ!きっと大丈夫ですよ!」
ネルソン「不安になるから二回もきっとって言うなよ…」
ネルソン「不安になるから二回もきっとって言うなよ…」
いがちゃんの謎の根拠なき自信に押され、言われた通りに川辺を歩く。
!
いがちゃん「いました!」
ネルソン 「はや!」
ヨーダみたいなおばちゃんが案内していた。
ヨーダみたいなおばちゃんが案内していた。
おっちゃんならぬおばちゃんだったが、無事にエンカウントできた。
!
おばちゃん「3人、3人、50万ドン、50万ドン」
ネルソン 「ん…!?」
これは、おばちゃんに見せられたメニューと同じもの。
これは、おばちゃんに見せられたメニューと同じもの。
ネルソン 「3人から5人で一回50万ドン(2500円くらい)って書いてるやん!」
いがちゃん「書いてますね」
ネルソン 「一人10万ドン(500円くらい)じゃないでしょ!」
いがちゃん「あ、前回5人で乗ったからそう思ったんですね」
ネルソン 「一人およそ17万ドンやないかー!」
怒るネルソン、笑ういがちゃん、言語の壁により状況を飲み込めないヨーダ。
怒るネルソン、笑ういがちゃん、言語の壁により状況を飲み込めないヨーダ。
まーしょうがない、この船であることには間違いないはずだ。乗ってしまおう。
乗ると決めたら何処からともなくクーラーボックスを抱えた男性がやってきた。
乗ると決めたら何処からともなくクーラーボックスを抱えた男性がやってきた。
おばちゃん「ほれ、水を持ってきな」
ネルソン 「くれるんだ、ありがとう」
おばちゃん「ほれ、100円置いてきな」
ネルソン 「押し売りか、うるせーよ」

無視して発着場へ進む。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓