ロマンの木曜日 2015年2月12日
 

さようなら青いZくん

さようなら…
さようなら…
大掃除をしていたら、ぼくが10年前に作った青いZくんのかぶりものが出てきた。

保管しておくことも難しいので、これを機会にお別れしたい。
1986年埼玉生まれ、埼玉育ち。大学ではコミュニケーション論を学ぶ。しかし社会に出るためのコミュニケーション力は養えず悲しむ。インドに行ったことがある。NHKのドラマに出たことがある(エキストラで)。
> 個人サイト Twitter

衝撃の黒歴史

先日、デイリーポータルZ編集部が使っている倉庫の棚がモノであふれ出したため、大掃除をした。

いらないものはゴミとして捨て、巨大なものは産廃として処理するという。

そのタイミングで出てきたのがこのでかい箱だった。
DELLの箱
DELLの箱
Zくんあたま(青)
Zくんあたま(青)
これは……
これは……
10年前僕が高校の文化祭でモテようとして作った青いZくんである。その様子はウェブマスターの林さんが記事にしてもらった(「かぶりものでモテたい」)。 まだあったのか。
ZくんはデイリーポータルZのマスコットキャラ
ZくんはデイリーポータルZのマスコットキャラ
うかつに触ると変な記憶が出てきそうで、脳の扉を抑えこむのが大変だ。

近頃物忘れが多くなって前よりだいぶ生きやすくなってきたと思っていたところなのに。
ひゃー…
ひゃー…
いろいろ思い出してやばい
いろいろ思い出してやばい
モテたかどうかの結果は「話題化には成功したものの、誘引率自体は低めでした」とだけ記しておこう。

あの文化祭の自体はよかったとしても、その後のちょっとした悪夢が蘇ったのでべべべっと段ボールのフタを閉じる。見ていられない。いわゆる黒歴史だ。

だが、このままにしておいて産廃として処理するのも忍びない。保管する場所はないが一度自宅に送ることにした。

10年後の青いZくん

数日後、家に箱が届いた。落ち着いた気持ちで改めて青いZくんを取り出す。
はあ…コレ…はぁ。
はあ…コレ…はぁ。
イベントなどでたまに引っ張りだされたりすることはあったのだが、あえて近づきはしなかった。思い出深く、刺激が強いからだ。

そして久しぶりの対面。どうなっているのか?
なんか出てる
なんか出てる
ニットでできた…脳?
ニットでできた…脳?
古い市松人形の髪の毛がいつの間にか伸びている…という話は聞いたことがあるが、かぶりものの口からピンクのニットが出てくるとは…なんとファンシーなことだ。

その他の部分はどうだろう。
頬の部分はでろでろにやわらかくなっている
頬の部分はでろでろにやわらかくなっている
テープは剥がれまくっている
テープは剥がれまくっている
触らずに見ているだけならまあまあいい状態にも思えるのだが、よく見てみると骨組みはグラグラしているし布も剥がれかけている。

青いZくんは10年経っておばあちゃんみたくなっていた。泣ける。

これはもうかぶりものとして使い物にはならないかもしれない。

匂いを嗅いでみる

ぼくの記憶では、この青いZくんはかぶると視界がゼロになり、外界の音も聞こえづらくなる。あるのは匂いだけだ。

記憶を蘇らせるきっかけといえば、プルーストの小説ではマドレーヌの味だったが、僕の場合はかぶりものの匂いなのかもしれない。失われた時を求めて嗅いでみる。
口からテープが出ちゃってるところすみません
口からテープが出ちゃってるところすみません
甘い紙の匂いがする
甘い紙の匂いがする
ボール紙の匂いなんだけどどことなく甘い。うん、確かにこんなだった。懐かしくはあるものの、とくに記憶がぶわっと刺激されて次ページ以降めちゃくちゃ長い小説が始まる、という感じではない。

じゃあ、かぶってみるか。
失礼します
失礼します

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓