フェティッシュの火曜日 2015年2月17日
 

ヤドカリを食べた後に水を飲むと甘く感じる?

てめーの引越し先は貝殻→丼→俺の胃袋に決定したぜ…。
てめーの引越し先は貝殻→丼→俺の胃袋に決定したぜ…。
磯遊びをしていると、たまにやたらとデカいヤドカリに遭遇することがある。大きなサザエとか、時にはホラガイなんかの殻を背負っているようなやつらだ。

ヤドカリもエビやカニに近い動物なので、これだけ大きければ食べられるのではないかと思いリサーチしてみたところ、やはり食用にできることがわかった。

しかも、かなりおいしいらしい。しかもしかも、彼らを食べた後に水を飲むと、ただの水がまるで砂糖水のように甘く感じられるというのだ。これは試してみなければ。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

神奈川県の城ヶ島で食べられるらしい

とはいえ、磯へ行けばいつでも見つかるというものではないし、一般的な市場や鮮魚店で買うこともできない。食べようと思ってすぐ食べられるものではないのだ。

が、しかし。さらにリサーチを重ねると、このヤドカリを使った料理を新名物として売り出そうとしている地域があることが判明した。神奈川県は三浦半島の南に浮かぶ城ヶ島である。
城ヶ島は漁業と観光の島。城ヶ島大橋のおかげで本土へのアクセスも良好。
城ヶ島は漁業と観光の島。城ヶ島大橋のおかげで本土へのアクセスも良好。
平日の昼時、京急線三崎口駅から路線バスに乗り込み30分弱。城ヶ島大橋を渡ると、そこは漁業と観光の島・城ヶ島。
三崎にほど近いこともあり、島内のあちらこちらに「まぐろ」の文字が踊る。
三崎にほど近いこともあり、島内のあちらこちらに「まぐろ」の文字が踊る。
もちろん観光客向けにマグロ料理を出すお店も多数で、
もちろん観光客向けにマグロ料理を出すお店も多数で、
マグロメニューのバリエーションも豊富。
マグロメニューのバリエーションも豊富。
マグロのかき揚げ丼なるものまで。
マグロのかき揚げ丼なるものまで。
城ヶ島の名物はマグロだけではない。あちこちに「磯料理」の看板が見られるように、サザエや海藻といった磯の幸だって有名だ。
城ヶ島の名物はマグロだけではない。あちこちに「磯料理」の看板が見られるように、サザエや海藻といった磯の幸だって有名だ。
事前の調べで、漁協の水産物直売所でその食用ヤドカリを購入できることや、島内の数件の店でヤドカリ料理を提供してくれることはわかっている。何の苦も無くヤドカリを、そして「甘い水」を味わえるに違いない。

直売所は定休日。さかなクンの絵を見て現実逃避。

まずは直売所で生きたヤドカリを拝もう。なんなら、何匹か購入して持ち帰り、自分で調理してみてもいい。夢は膨らむ。
ヤドカリを求めて漁協の直売所へ!
ヤドカリを求めて漁協の直売所へ!
し、閉まっておる…。
し、閉まっておる…。
ところが、直売所前に行ってみて拍子抜け。お休みだ。この日は平日だったのだが、この直売所は土日祝日のみ営業するスタイルをとっているらしい。しまった。リサーチ不足だったな。
魚の絵が描かれた船型水槽を発見。
魚の絵が描かれた船型水槽を発見。
いきなり出鼻をくじかれて途方に暮れていると、船を模した水槽(いけす?)がいくつか目に入った。

そのうちのひとつにはかわいい魚の絵が描かれている。地元の子供が描いたのかな?とよく見てみると、様子がおかしい。素朴なタッチで描かれてこそいるが、妙に上手いし魚のチョイスや内容が凝っているのだ。
クジラやイルカやサメなどのスター格を差し置いて磯場のウツボにダンゴウオというチョイス。
クジラやイルカやサメなどのスター格を差し置いて磯場のウツボにダンゴウオというチョイス。
集団でクラゲをついばむウマヅラハギなど、描写やシチュエーションの細かさが描き手のただ者でなさを感じさせる。
集団でクラゲをついばむウマヅラハギなど、描写やシチュエーションの細かさが描き手のただ者でなさを感じさせる。
署名を見て納得。さかなクン画伯の作でした。
署名を見て納得。さかなクン画伯の作でした。
それもそのはず、さかなクンの作だった。
反対側にもかわいらしい絵が盛りだくさん。
反対側にもかわいらしい絵が盛りだくさん。
ヤドカリこそ買えなかったが、これを見られただけでも今日ここへ来てよかった。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓