ちしきの金曜日 2015年2月20日
 

水戸の冷やしスタミナ麺を食べる旅

!
茨城県の水戸辺りには「冷やしスタミナ麺」というご当地グルメがある。とろみのついた熱々のレバ野菜炒めを、キリっと冷やした中華麺に乗せる、というものらしい。

そりゃまずいわけない。誰しも食べてみたいよね。ってことで冷やしスタミナ麺を食べに水戸まで行ってきました。
1982年、栃木県生まれの指圧師です。自分で企画した「下北沢ふしぎ指圧」で施術しています。何をしているときでも「みんなが自分の治療院に来てくれるといいな〜」って思っているのですが、ノイローゼでしょうか。
> 個人サイト 下北沢ふしぎ指圧

どうも昔食べていたやつに似ているのだ

家から水戸遠かった
家から水戸遠かった
昔通っていた埼玉県の大学の近くに、そういう感じの食べ物を出す中華料理屋があった。部活の先輩と一緒に週一ペースで食べていたのだが、そのお店は今はもうない。好きだったのになー。

それが茨城県の当地グルメとして存在しているのを知り、今回出かけてきた。ちなみに他の用事はない。純粋に冷やしスタミナ麺のための旅行である。
駅から店が遠いし、また目を楽しませるものもない
駅から店が遠いし、また目を楽しませるものもない

石田屋の店の感じが最高

「冷やしスタミナ麺だけのために時間かけてくるのかよ」とちょっと引っかかっていた。しかし、お店に来たらそんな気持ちはエンジンブロアーの落ち葉掃除みたいに一気に吹き飛んだ。

店構えがいいのだ。
最高でしょ
最高でしょ
かすれた看板。店頭のプロパンガス。2階に住居付き。ベランダに洗濯物干してある。店に入ると、お客さんは誰もいない。でも店主は忙しそうにラーメン作って、車で運んでゆく。家族みんなで出前のラーメン食べているところが目に浮かぶ。
湯飲みでお茶出てきた
湯飲みでお茶出てきた
一つ一つ丁寧に厳選された北関東ノスタルジーを惜しげもなく使い、豪華なパフェを作りました、みたいな雰囲気だ。

これが水戸の冷やしスタミナ冷麺だ

!
本題のスタミナ冷麺である。各種野菜、ニンニク、レバーが入っており、素人でもわかる大雑把な栄養バランスの良さだ。

味付けはとても甘辛い。「焼肉のたれ」にとろみをつけたような味がする。

麺は冷えているので、一気に食べてしまう。「これ、栄養あるんだからいーっぱい食べなさいよ!」とお母さん(誰?)にせっつかされているような気分だ。
いいタイミングで出てくるコップの水
いいタイミングで出てくるコップの水
お茶じゃなくて水飲みたいな……と思ったその瞬間に、水をコトリ、と置かれた。あー、スタミナ冷やし冷麺、ぼくは1000%満足です。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZ新人賞

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ