ロマンの木曜日 2015年2月19日
 

積雪3m!真冬のダム見学会

見慣れた場所の見たことない景色
見慣れた場所の見たことない景色
関東地方の水がめのひとつ、群馬県みなかみ町の利根川最上流に造られた矢木沢ダムは、毎年12月から4月くらいまで訪れることができなくなる。

豪雪すぎて道が閉鎖されるのだ。

しかし今年、初めて一般向けに冬季見学会が開催された。人目に触れることのなかった真冬の矢木沢ダムの姿が見られる!ということで、迷わず応募した。そして参加してきた。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「ものすごく動く錯視」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


マスコミからダム好きへ

矢木沢ダムの冬は厳しいと聞いていた。多いときで積雪は3mを超すという。
春から秋にかけては空気の美味しい気持ちいい場所です
春から秋にかけては空気の美味しい気持ちいい場所です
そんな真冬でも、ダムに水を貯めたり放流したり操作しなければならない。以前はダムの管理所とトンネルで繋がった宿舎があって、冬は1週間交代で数人が泊まり込みの勤務をしていたという。下界とは雪上車で行き来していたそうだ。
以前はこれでダムまで通勤していたらしい
以前はこれでダムまで通勤していたらしい
最近は除雪用の重機が増え、ダムまでの道は除雪されるようになった。また、ダムも遠隔操作できるようになり、職員さんが来るのも週に2日程度で良くなったという。きっと点検などのほか、管理事務所まわりの除雪をしないとドアが開かなくなったりするのかも知れない。

でも関東平野にほとんど雨が降らず、山の方も雪ばかりで利根川を流れる水の量が減る冬場こそ、それまで貯めた水を少しずつ流して飲み水などを供給するダムの本領発揮のとき。雪に覆われた中でもがんばっているんだぞー、ということをPRするため、実は過去2年、この時期にマスコミ関係者向けの見学会が行われていた。しかしそれほど人数が集まらなかったのか、記事にはなっても小さな写真と数行の文章だけであまりPR効果がなかったのか、どうしてか分からないけれど、とにかく今年は一般向けの見学会が開かれることになった。

でも、ホームページに出た募集の告知をよく見ると、参加資格は「SNS等何らかの方法で情報発信できる方」となっていた。見学会の内容を積極的に公開して良いのだ。これってつまりマスコミを通したPRをやめて、ダム好きを通したPRに切り替えたということなのかも知れない。

というわけで張り切ってレポートします!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓