ロマンの木曜日 2015年2月26日
 

地元の人頼りの旅 in 秋田県角館

ヒートテック3枚重ねで向かいました
ヒートテック3枚重ねで向かいました
ガイドブックに頼らずに、地元の人にお薦めの場所や穴場を聞いて周る旅はたのしい。

どんなところにたどりつくか分からないドキドキと、地元の人しか知らないような情報が得られて嬉しいからだ。

今回やってきたのは、城下町の面影を色濃く残す秋田県角館。「みちのくの小京都」とも呼ばれるまちを、地元の方に行き先を決めてもらいながらまわってきた。
東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。 好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」
> 個人サイト twitter

雪の中での初観光

やってきたのは1月の半ば。気温はマイナス1度。秋田内陸縦貫鉄道の1万円オーナー体験をしたあと、ここ角館に降り立った。

まちは前日から降り続ける雪に覆い隠され、演歌を歌い出したくなるほど情緒ある景色になっていた。
駅前。観光できるのか不安になるほどの雪
駅前。観光できるのか不安になるほどの雪
そう言えばいままで、真冬に雪の多い地域に「観光」目的で来たことがない。雪で滑るの怖いし、傘を用意しないといけないんじゃないか。しかも車でないと観光できないんじゃないか。

そういった心配が浮かぶからだ。
駅の人にまずはここに行きなさい、と言われた駅前案内所。
駅の人にまずはここに行きなさい、と言われた駅前案内所。
蔵を改造した豪華な所だ。さっそくオススメの穴場を聞く。
蔵を改造した豪華な所だ。さっそくオススメの穴場を聞く。
しかしそんな心配はご無用だった。この案内所に来れば雪にすべりにくいゴム靴と傘が借りられる。しかも無料。さらにここ角館は、歩いても十分散策が楽しめるそうなのだ。
300円で荷物を預けることもできるし、サービスが嬉しい。
300円で荷物を預けることもできるし、サービスが嬉しい。
もちろん借りた。快適だ!
もちろん借りた。快適だ!
案内所の女性がまずオススメしてくれたのは武家屋敷群。角館に観光にきてそこに行かずしてどうする、と言うくらいの重要な場所らしい。

しかしあえてそこ以外の場所も聞いておこう。できればあまり知られてないのがいい。そう伝えると「安藤家」という所で催されているモノを教えてくれた。よし、まずはそこへ向かおう。
雪で地図に近づけないが、縦横にきれいに区分けされた町だということが分かる。
雪で地図に近づけないが、縦横にきれいに区分けされた町だということが分かる。
向かいながら、途中で出会った女性にもオススメを聞く。お母さんも出てきて「雪かき風景!」と即答してくれた
向かいながら、途中で出会った女性にもオススメを聞く。お母さんも出てきて「雪かき風景!」と即答してくれた

お薦めスポット1:雪かきと、雪を水に流してるところ

果物屋さん親子から、今なら雪かきの風景が角館らしいよね、と教わる。言われてみれば確かに豪雪地帯ならではの光景だよな。

「運が良ければ雪を水に流すとこも見られるんじゃない」とも教えてくれた。
外にいる人達はみんな雪かきをしてる
外にいる人達はみんな雪かきをしてる
上を見ても雪かき。業者に頼むと費用がバカにならないからね、と笑っていた
上を見ても雪かき。業者に頼むと費用がバカにならないからね、と笑っていた
雪を水に流しているところ発見。これ、決まった時間にしかやってはいけないらしい
雪を水に流しているところ発見。これ、決まった時間にしかやってはいけないらしい
道の端にある流雪溝というところに雪を落とし流している姿も。皆が一斉に流してしまうと雪が詰まるおそれがあるため、町内単位で流せる時間が決まっているのだとか。

1日1回の流しタイムになると、ご近所同士が外に出て活気づく、という超プチ情報を聞くことができた。
安藤家にやってきた。非常に立派な建物だ。
安藤家にやってきた。非常に立派な建物だ。
レンガと黒の分厚い窓の扉がなんともかっこいい。
レンガと黒の分厚い窓の扉がなんともかっこいい。
あ、オススメのアレがあった!
あ、オススメのアレがあった!
建物に入ってみると、お醤油やお味噌のいい香り。安藤家は創業160年にもなる味噌・醤油・漬物を作っている老舗だった。

立派な建物にこだわりの商品。それだけでも充分魅力的な場所なのだけど、案内所の女性が教えてくれたのはこの時期ならではのモノが置かれていることだった。

お薦めスポット2:安藤家のひな飾り

醤油や味噌の奥に並ぶ豪華な雛人形。よく見ると屋根付き。神々しい。
醤油や味噌の奥に並ぶ豪華な雛人形。よく見ると屋根付き。神々しい。
代々引き継がれている雛飾りを展示しているのだ。こちらは表情が面白い「押絵」。
代々引き継がれている雛飾りを展示しているのだ。こちらは表情が面白い「押絵」。
雛飾りと押絵が一緒に飾られているのが角館流だそう。タンスなどの小物もかわいい。
雛飾りと押絵が一緒に飾られているのが角館流だそう。タンスなどの小物もかわいい。
角館では2月後半から3月末まで、武家屋敷・商家・資料館など30箇所以上の場所で雛飾りを公開している。ここ安藤家はそのプレオープンをしており、1月でも雛飾りを見ることができたのだ。

先取りできて嬉しい。しかも醤油や味噌と一緒に綺麗に並べられている雛飾りはかなりレアな光景だろう。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓