フェティッシュの火曜日 2015年3月3日
 

ウルトラマンはギンナンに似ている

ギンナンがウルトラマンの顔に完全一致!
ギンナンがウルトラマンの顔に完全一致!
殻付きのギンナンは、ウルトラマンの顔にとても似ている。逆にウルトラマンのモデルがギンナンなんじゃないかと思うほどに似ている。

そうはいっても、茶碗蒸しに入れられたり、焼き鳥屋で串に刺された、殻のない状態のギンナンしか知らない人も多いと思うので(ウルトラマン世代は知っているでしょうが)、ギンナンを収穫するところから、しっかりと証明したいと思う。
趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:「氷見のガラパゴス喫茶で出会った焼きカレーうどん他」
> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

ギンナンを拾いにいってきた

ご存知の通り、ギンナンというのはイチョウの実。日本国内では街路樹としてそこらじゅうに植えられているイチョウだが、世界的にみると大変珍しい種であり、絶滅危惧の扱いを受けていたりする。

そんなイチョウには雌雄があり、メスの木は晩秋になるとギンナンをたわわに実らせて、その恵みを落としてくれる。

ギンナンがウルトラマンに似ていることを証明すべく、その実を拾いにいったのは、昨年10月の台風一過。強風のあとはギンナンがたくさん落ちているサービスデーなのである。
北海道っぽいけど埼玉、ポプラっぽいけどイチョウの木。
北海道っぽいけど埼玉、ポプラっぽいけどイチョウの木。
ミカドコーヒーというコーヒー豆屋さん(おいしい)の焙煎工場前がオススメのポイント。
ミカドコーヒーというコーヒー豆屋さん(おいしい)の焙煎工場前がオススメのポイント。
木が高すぎてよくわからないが、あの黄色いのが全部ギンナンなのだ。
木が高すぎてよくわからないが、あの黄色いのが全部ギンナンなのだ。
目論見通り、地面には大量のギンナンが落ちていた。腐る前はそこまで臭くない。
目論見通り、地面には大量のギンナンが落ちていた。腐る前はそこまで臭くない。
写真を見ていただければわかると思うが、この状態ではまだウルトラマンには似ていない。この中身の種部分が似ているのである。

ところでギンナンはイチョウから落ちてくる実だけに、独特の好ましくない匂いを放っている(イチョウ=胃腸というダジャレ)のだが、この場所は焙煎工場の前なので、コーヒー豆の香ばしさが勝っているという珍しい場所だったりする。

ちなみに直売所でコーヒーを買うついでに聞いてみたら、ギンナンは柵の外でなら好きなだけ拾っていいとのことだった(臭いから)。
この実の中にウルトラマンの顔が隠れているのである。素手で拾うとカブレるので注意。
この実の中にウルトラマンの顔が隠れているのである。素手で拾うとカブレるので注意。
いくらでも拾える量が落ちていたが、この後が面倒なので程々にしておかなければならない。
いくらでも拾える量が落ちていたが、この後が面倒なので程々にしておかなければならない。

ウルトラマンのために実から種を取り出す

収穫してきたイチョウの実がウルトラマンに似ていることを示すためには、ここから種を取り出さなければならない。

収穫してすぐは取り出しにくいので、ギンナンの入った袋に水を入れて、口を縛って果肉部分が腐るのを待つ。
水を入れて袋を縛って放置します。
水を入れて袋を縛って放置します。
そして一か月ほど寝かせたものがこちら。なかなかの臭さです。
そして一か月ほど寝かせたものがこちら。なかなかの臭さです。
これをなんやかんやがんばって、丁寧に種を取り出してよく洗えば、見覚えのある形が見えてくるはずだ。
ほらほらほら、この形!
ほらほらほら、この形!
よーく洗って、しっかりと乾かす。なんだかウルトラマンの卵に見えてきた。
よーく洗って、しっかりと乾かす。なんだかウルトラマンの卵に見えてきた。
ベランダで数日乾かしたギンナンは、もはや塗装を控えたウルトラマン人形の頭にしか見えない。

やっぱりギンナンはウルトラマンに似ている!
この状態のものを買ってくれば楽なのだが、やはり自分で収穫したギンナンのウルトラマンっぽさは格別である。
この状態のものを買ってくれば楽なのだが、やはり自分で収穫したギンナンのウルトラマンっぽさは格別である。

ギンナンにウルトラマンの顔を描こう

こうして手間暇かけて手に入れたギンナンは、このままでもかなりウルトラマンっぽいのだが、今回はよりウルトらしくするため、目と口と耳をチョチョチョっと描いてみた。

わざわざ塗装までしなくても、もう十分にウルトラマンに変身したといえるだろう。
ほら、ウルトラマンだ!
ほら、ウルトラマンだ!
頭頂部と耳の凹凸は若干足りないものの、輪郭は完全に一致!
頭頂部と耳の凹凸は若干足りないものの、輪郭は完全に一致!
ちなみにギンナンに棒を刺すための穴を開ける方法だが、いろいろ試してみた結果、茹で玉子を作る際に穴を開ける道具がベストという結論に至った。
茹で玉子を剥きやすくするために、小さな穴を開ける道具が最高。
茹で玉子を剥きやすくするために、小さな穴を開ける道具が最高。
この穴に竹串を刺せば、ギンナンが100倍持ちやすくなる。
この穴に竹串を刺せば、ギンナンが100倍持ちやすくなる。
そしてギンナンはウルトラマンだけではなく、他のキャラクターにも似ているようだ。
屁のツッパリはいらんですよ。
屁のツッパリはいらんですよ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓