ロマンの木曜日 2015年3月19日
 

武蔵野線の立坑めぐり

この物置みたいなのが街中にいくつかあるので探してめぐるという超絶地味な企画です
この物置みたいなのが街中にいくつかあるので探してめぐるという超絶地味な企画です
散歩は好きだがまだ寒さの残るこの時期、敵は尿意である。

以前に玉川上水沿いを散歩していたとき、やはり途中で催していまい、やや内股になりながら小走りでトイレを探した。すると、遊歩道の先の方に小さな建物が見えてきた。

トイレだ!と思い、残った力を振り絞って走り寄ったのだが、その建物はトイレではなかったのだ。
1974年東京生まれ。最近、史上初と思う「ダムライター」を名乗りはじめましたが特になにも変化はありません。著書に写真集「ダム」「車両基地」など。 個人サイト:ダムサイト

前の記事:「積雪3m!真冬のダム見学会」
人気記事:「秘密のトンネルで黒部ダムの中に潜入!」


それは立坑

その建物の入口ドアは固く閉ざされていて、脇には「玉川上水立坑」と書かれた看板が貼られていた。
そんなの嘘だ!トイレだと言ってくれ!!
そんなの嘘だ!トイレだと言ってくれ!!
もう状況が切羽詰まったこっちからすれば「ドッキリ大成功」の看板を見せられた気分である。夕方の遊歩道で、半泣きでキレた。

とまあそんなことがあり、最近になってそう言えばあれ立坑って書いてあったな、と思い出したのだ。

立坑というのは鉱山の出入口のような、地下の空間に降りていくための道である。ほかに、長いトンネルを掘るときにそれぞれの入口からだけでなく、途中の場所に向かって上から立坑を掘り、そこから外に向かってトンネルを掘っていく場合もある。

玉川上水沿いのこの立坑はどこに繋がっているんだ?地下に水路でも通っているのか?と思って地図を見たら驚いたと同時に納得した。
線路が通っている、そして立坑が地図に載っている!
線路が通っている、そして立坑が地図に載っている!
あの地面の下には武蔵野線のトンネルが通っていたのだ。ということはあの立坑はトンネルを掘るにあたって造られたのか。確かに西国分寺駅から新小平駅の間は長いトンネルである。でも、府中本町駅と北府中駅の間、新小平駅と新秋津駅の間にも長いトンネルがある。もしかすると、そこにも立坑があるかも知れない。

また、立坑が地図に載っている、というのも面白いと思った。地図上で、武蔵野線をたどればほかの立坑が見つかるかも知れない。あと、遊歩道に対して微妙に違う角度で建っている、というのが地図上でも分かるのがいい。

なんだか妙に好奇心が湧き、立坑を探してめぐってみることにした。トイレと間違えて酷い目に会わされたのは水に流す!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>
デイリーポータルZをサポートする じゃあせめてこれだけでも メルマガ SNS!

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓