チャレンジの日曜日 2015年3月29日
 

アートの島ではなんでもアートに見えてしまう

『バランバラン』 作者:苔
『バランバラン』 作者:苔
人やモノに感化されるコトなどない、と信じて生きてきたわたしだが、かつて、秘宝館に行ってしばらくの間、
町中のなにもかもがエロいモノに見えてしまう秘宝館病という病に冒されたことがあった。

あれから8 年、今度はアートの島に行って、なんでもアートに見えてしまうという不可解な現象に襲われてしまった。

ずっとひねくれていると思っていたのだが、あれ?
もしかしてわたし、素直なんじゃねーの?
しかも、とびっきり。
イカとタコが大好きで、食べたり被ったり本まで出版しました。 でもサイコーに好きなのはアワビだったりします。世間に対する謙虚です。
> 個人サイト Weekly Teinou 蜂 Woman

『アートの島』直島へ

香川県にある直島に行ってきた。
3 年ごとに開催される「瀬戸内国際芸術祭」のメイン会場であるこの島には、島民の生活圏内に、主要な施設や作品が残っているという。それらをほぼ1 年中鑑賞できるのだ。
高松からフェリーで1時間。イベント開催中でもなく、強風注意報が出ていたにもかかわらず船内は満席。海外からの観光者も多数乗船していた。
高松からフェリーで1時間。イベント開催中でもなく、強風注意報が出ていたにもかかわらず船内は満席。海外からの観光者も多数乗船していた。
しかも島! わざわざ島! コーフンせずにはいられない。青い空! 白いフェリー! ただならぬ強風注意報!

甲板ではマジで吹き飛ばされそうなったので、船内でおとなしくしていたが、注意報完全にナメてたな……と少し反省した。
だ、大丈夫なのか。わたしのめざす島は。

アートに出迎えられるとアート島に来たという実感が

港では1番に、水玉模様・カボチャのモチーフで有名な芸術家「草間彌生」の作品が出迎えてくれる。目立つことこの上ない。
港では1番に、水玉模様・カボチャのモチーフで有名な芸術家「草間彌生」の作品が出迎えてくれる。目立つことこの上ない。
宇宙人がイス取りゲームをしそうな休憩所。強風でだれひとり座るものはいなかった。心の中で「赤血球」と名付けた。似てる。
宇宙人がイス取りゲームをしそうな休憩所。強風でだれひとり座るものはいなかった。心の中で「赤血球」と名付けた。似てる。
いくつかの野外展示をながめながら、「アートの島に来ましたよ」と自分にムリヤリ思い込ませ、めざす『家プロジェクト』のある地区へ向かった。

レンタサイクルや徒歩でも行けるが、強風におののいたわたしは、島が運営するバス(片道100円)に乗車。

古い家屋を改修した『家プロジェクト』

島の本村地区で点在している作品はぜんぶで7軒。
世界に名を馳せるアーティストたちにより、古い家屋や神社などを改修して、空間そのものが作品化されている。
それにしてもすごいメンツだ。
『南寺』作品:ジェームズ・タレル 設計:安藤忠雄 暗闇に目を慣らしていくインスタレーションが繰り広げられる。
『南寺』作品:ジェームズ・タレル 設計:安藤忠雄
暗闇に目を慣らしていくインスタレーションが繰り広げられる。
『護王神社』杉本博司 目を引く氷のような階段は地下へとつながっている。
『護王神社』杉本博司
目を引く氷のような階段は地下へとつながっている。
洞窟大好きでコーフン。地下への入り口は狭いスペースだが、中は広く、ガラスの階段から光が差し込まれていて幻想的だった。
洞窟大好きでコーフン。地下への入り口は狭いスペースだが、中は広く、ガラスの階段から光が差し込まれていて幻想的だった。
地下を堪能したあと、帰りに「あーーっ!」と声が出る。ココから見えるのは瀬戸内海の水平線。杉本氏の作品『海景』シリーズを彷彿とさせるのだ。この景色こそまさに作品じゃないか!
地下を堪能したあと、帰りに「あーーっ!」と声が出る。ココから見えるのは瀬戸内海の水平線。杉本氏の作品『海景』シリーズを彷彿とさせるのだ。この景色こそまさに作品じゃないか!
杉本氏が意図したものかどうか、真相はわからない。ただ、わたしはこのあたりから、作品以外でも目に入る様々なモノに注視するようになっていった。

思えばコレが、病の初期症状だったのだ。
『永遠の氷柱』 作者:経年劣化 わたしの目には、もう氷柱にしか見えなくなっていた。
『永遠の氷柱』 作者:経年劣化
わたしの目には、もう氷柱にしか見えなくなっていた。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓