はっけんの水曜日 2015年4月8日
 

よっぱらい対抗詩歌穴うめクイズ 〜お酒のことわざ飲み会シリーズ

飲みながら、詩歌の穴うめクイズに挑戦
飲みながら、詩歌の穴うめクイズに挑戦
お酒のことわざに「酒は詩を釣る針」というものがある。意味としては「酒を飲むことによってリラックスでき感性が豊かになり、詩歌も生まれる、ひいてはいい事を思いつくということ」だそうだ。

それ、本当だろうか。お酒に酔うとむしろ気持ちがゆるんでうっかりしょうもないダジャレを連発するようなことだってあるだろう。

宴会をしながら名作詩歌穴うめクイズに挑戦、どれくらいポエミーになれるか探ってみよう。

※「お酒のことわざ飲み会シリーズ」はその名のとおりお酒にまつわることわざを肴にした飲み会レポートのシリーズです。全3回の今回はいよいよ最終回!(1回目「手酌ファン集合! 手酌会」 2回目「飲まない人はその分食べるって本当ですか」もぜひ)
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてニフティ株式会社へ入社。趣味はEDMと先物取引。
> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

!
今回は、宴会しながらこのような文芸作品の穴うめ問題にチャレンジしようぞ、という企画です!

しらふ→ほろ酔い→酔い 三段階でチャレンジ

お酒は果たしてポエムを生むか。探るべく、今回は以下のようなルールの宴会をセッティングした。

(1)宴会は2時間
(2)宴会開始前、1時間後、終了後の3回に分けて短歌、詩、小説の一部の文言を隠した穴うめクイズに挑戦
(3)飲酒の量は各々のいつものペースで(無理に酔ってポエミー度を上げようとしないこと)


チャレンジするのは全部で6名。「酒で詩を釣る」にあたりとんでもなく頼もしい面々がそろった。

ご紹介しよう。
林 雄司 デイリーポータルZウェブマスター。「死ぬかと思った」(アスペクト)等著作多数。日本のインターネットに笑いを持ち込んだ第一人者。
●林 雄司
デイリーポータルZウェブマスター。「死ぬかと思った」(アスペクト)等著作多数。日本のインターネットに笑いを持ち込んだ第一人者。
●住 正徳 デザイナー、ライターなど多くの顔を持つが小説家としての一面もある。著書に「ロマンの木曜日」(彩文館出版)
●住 正徳
デザイナー、ライターなど多くの顔を持つが小説家としての一面もある。著書に「ロマンの木曜日」(彩文館出版)
●べつやくれいイラストレーター。「ココロミくん」(アスペクト)、「ひとみしり道」(メディアファクトリー)などコミックエッセイの著作多数。
●べつやくれい
イラストレーター。「ココロミくん」(アスペクト)、「ひとみしり道」(メディアファクトリー)などコミックエッセイの著作多数。
●大北栄人
●大北栄人
ライター、映像作家。記事「リカちゃん人形をダンボールで作ると泣けます」が単体で24,000件以上の言及ツイートを集めるなどヒット記事多数。
●瀬津勇人 ニフティ株式会社 ブランドデザイン部 部長。ニフティ社のデザインチームを仕切る。テクニックとパッションを同時にあやつる商用デザインは文筆に近い作業なのではと急遽アサイン
●瀬津勇人
ニフティ株式会社 ブランドデザイン部 部長。ニフティ社のデザインチームを仕切る。テクニックとパッションを同時にあやつる商用デザインは文筆に近い作業なのではと急遽アサイン
●古賀及子<br> デイリーポータルZ編集部所属。本記事の担当ライター。代表記事の「納豆を1万回まぜる」は発表10年が経つ今も多くのメディアに取り上げられ続けている。<br> ※宴会会場では進行役を担当し、後日自宅会場にて回答を作成
●古賀及子
デイリーポータルZ編集部所属。本記事の担当ライター。代表記事の「納豆を1万回まぜる」は発表10年が経つ今も多くのメディアに取り上げられ続けている。
※宴会会場では進行役を担当し、後日自宅会場にて回答を作成

うっすらとした、しかし確かな緊迫

瀬津メンバーこそデザイナーとはいえ、その他は全員文章のプロである。しかもキャリアも実績もあるメンバーが大半を占めた。

答えるのはクイズとはいえ文章に関するもの。ひどい結果を出せば今後の仕事にもかかわる。

穏やかな中にお互いがお互いをけん制しつつ「どうなるんだこの宴会」という思いは共有している不思議な空気が流れている。

要は、緊迫、である。
和やかななかにある確かな緊張
和やかななかにある確かな緊張
住メンバーはしきりに「どんな答えが欲しいですか?」「記事が書きやすい答えってどういうのでしょう」確認している。プロならではのホスピタリティだ。

しかし今日は回答に影響を及ぼすようなリクエストなどは一切避けた。ぜひ素の己をぶつけてほしい。

しらふで取り組む!・1問目〜3問目

1問〜3問までは飲酒前に挑戦する。これが終わるまで乾杯はおあずけだ。
これ終わるまで乾杯はしませーん!
これ終わるまで乾杯はしませーん!
乾いた喉をうるしたい気持ちを通せんぼするようにメンバーの前にあらわれた3問はこちら。みなさんもぜひ、ご一緒に!
1問目
1問目
2問目
2問目
3問目
3問目

出題も、プロ

さて、今回は猛者への出題ということもあり出題もその道のプロにお願いしている。

歌人で小説家の加藤千恵さんである。

急に人気作家が出てきたぞという感だが、偶然にも私の昔からの知り合いなのだ。加藤さん、よろしくお願いします。
○加藤千恵 歌人、小説家。歌集に「ハッピーアイスクリーム」(マーブルブックス) 。 小説に「ハニー ビター ハニー」(集英社)、「あとは泣くだけ」(集英社)、「蜜の残り」(角川文庫)等著作多数。
○加藤千恵 歌人、小説家。歌集に「ハッピーアイスクリーム」(マーブルブックス) 。 小説に「ハニー ビター ハニー」(集英社)、「あとは泣くだけ」(集英社)、「蜜の残り」(角川文庫)等著作多数。
今回は、あまたある短歌、詩、小説からこれぞという問題を7題用意してもらった。

「名作だけれどメンバーが知らないであろう作品から、簡単に当たりはしないけれど見当がつかないほど難しくはない問題を」という無理すぎる条件をクリアしたうえ、「正答が予想外になるような問題にしてみました」とのこと。

あえて宴会には同席せず後日回答を確認してもらっている。
宴会会場ではメンバーが、悩む!
宴会会場ではメンバーが、悩む!

本気でやんなきゃダメなやつだ

思った以上の難問に会場が静まった。シンキングタイムは10分。集中のなかにやはりメンバー同士の思惑の探りあいも続く。

回答者が一人ではない以上、他のメンバーとの回答のバランス感も重要なファクターになってくる。それを各メンバーが意識しているのだ。

「時事問題系のワードを入れたいけど、そういうことじゃないんですよね?」
「どうします? もうボケます?」
「今は笑いで逃げて、酔ううちにだんだんポエミーになってくるんといいんじゃないですかね」

クイズの回答とはいえ文学作品へのアプローチ。生みだすものはそれもひとつの「作品」といってもいい。気は抜けない。

この企画、思った以上に本気使うやつだぞ!
終了後すぐにでも乾杯すべく、ファーストドリンクがスタンバイされたが、ねばるメンバー
終了後すぐにでも乾杯すべく、ファーストドリンクがスタンバイされたが、ねばるメンバー
結局、全メンバーが(雑談をはさみつつ)10分をオーバーして3問を回答した。
ここで飲酒解禁。とりあえず、乾杯!
ここで飲酒解禁。とりあえず、乾杯!
なお、次なる出題時の回答に影響を及ぼさないよう、各回答はメンバー間で共有しないこととした。
べつやくメンバーのみは最後までノンアルコールで通してもらうのだが(べつやくさんはお酒を飲むと眠たくなってしまうタイプ)「これ…しらふで最後まではかなり大変かもしれません…」そこをなんとか!
べつやくメンバーのみは最後までノンアルコールで通してもらうのだが(べつやくさんはお酒を飲むと眠たくなってしまうタイプ)「これ…しらふで最後まではかなり大変かもしれません…」そこをなんとか!
さて、ここから1時間は通常の宴会とかわらない。

おのおの好きなものを食べ、飲む。お酒が進むあいだに本当にメンバーの脳内のポエム力は上がるのだろうか。

ここで、読者の皆さまだけに先に回答をお見せします

ほろ酔いの2回目のクイズタイムを迎える前に、読者のみなさまには1問目〜3問目までの答えと回答を先にお見せしよう。
!

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓