ひらめきの月曜日 2015年4月6日
 

味以外での魚肉ソーセージレビュー

「つまむ、切る、むく」(マルハ)

続いてはマルハの「フィッシュソーセージ」。
「SAUSAGE」とグローバルを意識した表記
「SAUSAGE」とグローバルを意識した表記
ニッスイ「おさかなのソーセージ」と比べ、英語を押し出してスタイリッシュを演出したネーミングだ。
革命が起きてた
革命が起きてた
言葉少ない説明
言葉少ない説明
パッケージの訴求で注目点は「どこからでもきれいにむける」。初めて見たときに「どこからでも!?そんなことが可能なのか?」と思った。

ムキ方説明もニッスイの説明口調と異なり、「つまむ・切る・むく」の言葉のみ。ムキやすさに対する自信の表れと言えるだろう。

そして袋を破り捨てて、ギョッとする。
ワーッ
ワーッ
オレンジのイメージが強いフィルムがこの製品では透明。実体が透けてなまめかしいのだ。
まさにどこからでも
まさにどこからでも
こんにちは
こんにちは
皮の継ぎ目部分には「らくらくOPEN」のドット字が連なる。実際にどこからでも指で切り目が入るようになっており、そこをきっかけに全てをムクことができる。

本体の皮ばなれも非常によく、失敗がない設計に感心させられる。
若さを感じさせる
若さを感じさせる
そして、驚異的な直立性。ほとんどしなることなく、ピンピンしている。ソーセージってこんなに真っ直ぐだっただろうか。

「下までひっぱります」(丸大食品)

3本目は丸大食品の「フィッシュソーセージ」。
わかりやすい
わかりやすい
マルハと製品名が同じだが、斜のかかった太いゴシック系書体が力強い。

ムキ方説明は今回比較する中で最も印象的なものだった。
 息を呑むビジュアル
息を呑むビジュアル
印象を説明するのが難しいのだが、こんにちは感が強いと言えばいいだろうか。大事そうにむいている様子がよく伝わってくるのだ。
安心のオレンジ
安心のオレンジ
こんにちは
こんにちは
機構としてはニッスイのめくっテープと同様で、安心のムキやすさ。ただ、ムキやすいのはいいのだが、そのあとがだらしない。
ふにゃふにゃ
ふにゃふにゃ
もっとやれるだろ、と言いたくなるほどぐにゃぐにゃしている。なぜだかつい、厳しく当たってしまいがちだ。元気出しなよ。

先ほど「だらしない」と書いてしまったが、ソーセージにだらしを求めた私が間違っているとも思う。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓