ひらめきの月曜日 2015年4月6日
 

味以外での魚肉ソーセージレビュー

「歯で噛み切らないでください」(マルシン)

続いてはマルシンの「フィッシュソーセージ」。
  角がなくて愛らしい
角がなくて愛らしい
丸大食品とよく似た感じだが、書体が丸ゴシックなので、ソーセージのポップな楽しさがより伝わりやすい印象を受ける。
ムキ方の説明がない
ムキ方の説明がない
歯で噛み切るなとアラート
歯で噛み切るなとアラート
パッケージでの特徴は、今回の中では唯一ムキ方についての解説が一切ないことだ。

「ムキ方?…わかってる、だろ?」というスタンスなのだと思う。

それでいて、「フィルムを歯で噛み切らないでください」という警告は発してくる。
古典的なたたずまい
古典的なたたずまい
こんにちは
こんにちは
皮はムキやすくするためのとっかかり等がないクラシックなタイプ。昔からあるスタイルだ。

歯で噛み切ることは、あらかじめ封じられている。じゃあどうすれば?ハサミか。外科的な操作を要求してくるのだ。
前向きな印象
前向きな印象
直立性はマルハほどではないにせよ、なかなか高い。

マルハのはソーセージにしては真っ直ぐ過ぎる印象もあったので、こちらは自然な頑張りが感じられる角度とも言えよう。

「高温殺菌製品」(丸善・赤)

5本目は丸善の「ホモソーセージ」。
昔ながらの存在感
昔ながらの存在感
他のと違い、パッケージはクリアタイプの赤なので本体が透けて見える。期待が高まる演出だ。
漢字でビシッと言ってくる
漢字でビシッと言ってくる
なんとなく不完全な先端
なんとなく不完全な先端
パッケージにはやや大きめの字で「高温殺菌製品」と書いてある。食品衛生上の安心感は高まるが、そこまでするのか…という気持ちも浮かんでくる。

フィルムの開け方はイラスト付きだが、先っちょのムケ具合がやや中途半端にも思える。
手術必須タイプ
手術必須タイプ
こんにちは
こんにちは
図解こそあったが、本体はマルシン同様にとっかかりのないタイプ。歯で噛み切るなという警告もパッケージにあるので、ハサミを使って本日2回目の外科操作だ。
エネルギーを感じる
エネルギーを感じる
直立性は高く、マルハとマルシンの間に食い込んで来た。ほどよい充実感がみなぎっているように思える。

<もどる▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>


 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓