フェティッシュの火曜日 2015年4月14日
 

深海鮫釣って肝油抽出してコンフィ作った

深海鮫は眼が綺麗
深海鮫は眼が綺麗
スクワランオイルというものがある。保湿効果が高いとかなんとかで化粧品や軟膏などに活用されている…簡単に言うと、なんかすごいアブラのことだ。ところでこのスクワランオイル、深海性のサメから採れる肝油より精製することが多い。今回はこの肝油を個人的に抽出してみようと思う。そして、化粧品ではなく料理に活かす所存だ。
1985年生まれ。生物を五感で楽しむことが生きがい。好きな芸能人は城島茂。
> 個人サイト Monsters Pro Shop

水深約700mからやって来たサメ

ようやく気温も春めき始めた三月のある日。僕は和歌山県南紀沖で深海魚釣りに精を出していた。
深海への気軽なコンタクトを可能にしてくれる神器、電動リール。この日、その水深計は700mをたびたび超えていた。
深海への気軽なコンタクトを可能にしてくれる神器、電動リール。この日、その水深計は700mをたびたび超えていた。
海況は芳しくなかったが、しぶとく粘っていると一匹の深海鮫が釣れてくれた。
かなり僕好みのルックス。普通の釣り人はこの手のサメが釣れるとガッカリするらしいが、個人的にはとても嬉しい。
かなり僕好みのルックス。普通の釣り人はこの手のサメが釣れるとガッカリするらしいが、個人的にはとても嬉しい。
モミジザメという種類…かな?
モミジザメという種類…かな?
手元の資料を頼ってみると、どうもモミジザメという種類に特徴が合致する。でもあんまり自信無いなぁ?。深海性のサメ類は素人には同定が難しいのだ。
どこか爬虫・両生類っぽさもある。かっこいい。また、このサメを含むツノザメ科の背鰭には鋭いトゲがあるので注意が必要。
どこか爬虫・両生類っぽさもある。かっこいい。また、このサメを含むツノザメ科の背鰭には鋭いトゲがあるので注意が必要。
ツノザメの類は眼が月みたいで綺麗なんだ。
ツノザメの類は眼が月みたいで綺麗なんだ。
顎には細かいけれど鋭い歯が並ぶ。さすがはサメと言ったところか。
顎には細かいけれど鋭い歯が並ぶ。さすがはサメと言ったところか。
見て、触って、外見を堪能したら、続いては味もみておきたくなるのが人の性というもの。
血抜きをして捌いていこう。
腹を割くと大きな肝臓が!むしろ、腹の中ほとんど肝臓だ!
腹を割くと大きな肝臓が!むしろ、腹の中ほとんど肝臓だ!
内臓を取り去るべく腹を開くと、中にはみっちりと白い肝臓が。
深海鮫はこの巨大な肝臓に肝油を溜め込むことで浮力の調整などを行っているのだとか。
充填豆腐のような肝臓を確保。有難くいただきます。
充填豆腐のような肝臓を確保。有難くいただきます。
この肝臓を活用しない手は無い。そのまま食べてみてもいいし、でなければ肝油がたっぷり採れそうだぞ。肉と併せて持ち帰る。
ただ、この日は荒れ模様の中、一日船上に立っていたので体力が欠片も残っていなかった。とりあえず冷凍して、後日あらためて調理(?)するとしよう。

冷凍したのに凍ってない!

後日、いよいよ作業に取り掛かろうと冷凍庫から肝臓を取り出した瞬間、なかなか重大な違和感に気づいた。
ドリップ出まくり!実際は写真で見るよりもっと澄んでいる。
ドリップ出まくり!実際は写真で見るよりもっと澄んでいる。
大量のドリップでジップロックがたぷたぷ!凍ってないじゃん!
肝臓を触ると、ゆるいシャーベット状にはなっているがカチカチには凍っていない。
何だ?冷凍庫が故障してたのか?
ドリップと思われた液体は肝油だった。肝臓も凍り方が甘く、指で押すとグニッと変形するほど。
ドリップと思われた液体は肝油だった。肝臓も凍り方が甘く、指で押すとグニッと変形するほど。
一旦冷静になって考えると、謎はすぐに解けた。
冷凍庫は壊れていない。ちゃんと冷気を当ててこの状態なのだ。

ジップロックに溜まった透明の液体こそ、まさに肝油だったのだ。油が冷凍庫で凍らないのは至極当然と言える。肝臓自体も未だこの肝油を大量に含んでいるのだから凍り切るはずがないのだ。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓