はっけんの水曜日 2015年4月15日
 

マスター、「南新宿」ください

「南新宿」を作るマスター
「南新宿」を作るマスター
飲み屋のマスターに“その街をイメージしたお酒”を作ってもらうシリーズ。代官山・蒲田、新橋・巣鴨、梅ヶ丘・桜新町と続き、今回は「北品川」と「南新宿」を訪問。ドキドキの飛び込み取材。筋書きのないドラマ。どんなお酒が出てくるのか、乞うご期待。
ライター。たき火。俳句。酒。『酔って記憶をなくします』『ますます酔って記憶をなくします』発売中。デイリー道場担当です。押忍!
> 個人サイト 道場主ブログ

秋には「しながわ宿場まつり」が開催

「ターミナル駅の隣駅って、なんか気になりますよね」。編集部・古賀さんが言うのである。なるほど、大木の陰に隠れがちながら、そこで咲く花にはキラリと光る個性があるはずだ。

今回は、その切り口でいってみよう。
「行くなら今でしょ!」
「行くなら今でしょ!」
まず、訪れたのは「北品川」。ご存知、東京の西の玄関口である品川駅から京急線でひと駅だ。
雨に濡れる巨大ターミナル「品川駅」
雨に濡れる巨大ターミナル「品川駅」
こちら「北品川駅」です
こちら「北品川駅」です
電車に1分揺られるだけで、様子はかくも異なる。
駅を出て、踏切を渡る
駅を出て、踏切を渡る
駅前には第一京浜と並行するように北品川本通りが伸びている。これが北品川のメインストリートと言っていいだろう。
いわゆる“旧東海道”だ
いわゆる“旧東海道”だ
毎年秋には「しながわ宿場まつり」が開催され、おいらん道中や仮装行列パレードで賑わう。
まち歩きマップの看板も
まち歩きマップの看板も

氷型キューブが七色に光る

一本入った路地に、さっそく気になる店を発見。その「北品川」っぽい佇まいに惹かれて扉を開けた。
「飲み食い処 十三屋」とある
「飲み食い処 十三屋」とある
店内には数名の先客がいる。
実家に帰ったかのような雰囲気
実家に帰ったかのような雰囲気
マスターに趣旨を説明したところ、二つ返事で「ああ、いいよ」とのお答え。聞けば、「モヤさま」や「きたなシュラン」など、テレビ番組でも何度か取材されているお店だという。
マスターの会津晃さん(59歳)
マスターの会津晃さん(59歳)
じゃあマスター、「北品川」ください。
これが「北品川」550円だ!
これが「北品川」550円だ!
出てきたのは、雨に煙るネオンのような色合いのお酒だった。

「焼酎をスイカサイダーで割った、うちのオリジナルのやつね。会社のグループとかで来た時に、女の子も飲みやすいお酒を用意しようと思って」
スイカだけに夏を思わせるさわやかな飲み口
スイカだけに夏を思わせるさわやかな飲み口
さらに、カウンターにジョッキを置くと氷型キューブが七色に光った。
女の子を相当意識している
女の子を相当意識している

青森B級グルメ「つゆ焼きそば」

マスターは15年前に脱サラして、この店を始めたそうだ。

「IT関係だったんだけど、仕事が嫌んなっちゃってね。料理も素人だったから、さんざん飲み歩いて研究したんだよ」
こだわりのフードメニュー
こだわりのフードメニュー
「ギャオスの足跡」とは何だろうと思ったら、「近くにゴジラが上陸したスポットがあるんだけど、ゴジラのメニューは思いつかなかったからギャオスにした」とのこと。しかし、それが何なのかは聞き忘れた。

さらに、青森B級グルメ「つゆ焼きそば」というメニューも発見。マスターが青森出身ゆえ、出しているという。これを注文してみた。
「つゆ焼きそば」650円
「つゆ焼きそば」650円
おお、これ美味しいですね。

「青森の黒石市っていうところの名物ね。麺は焼きそばでスープがラーメンなんだよ」
北に想いを馳せながら
北に想いを馳せながら
隣にいたスーツの男性に話しかけると、なんと名古屋から単身赴任で出てきたばかりだという。

「すぐ近くのマンションだから、周辺の飲み屋を全部回ろうと思って。ここも初めて来たけど、いい店ですねえ」

渋い飲み屋が好きだというと、名古屋の伏見にある創業明治40年の「大甚」という居酒屋をオススメされた。おお、行ってみたい。
いつの間にかマスターもカウンターに
いつの間にかマスターもカウンターに
マスターいわく、「品川駅周辺はチェーン店ばっかりになっちゃったけど、このあたりはまだ個人の店でがんばっているところも多い」そうだ。

美味い酒に、美味い食事。ごちそうさまでした。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓