フェティッシュの火曜日 2015年4月21日
 

いかなごの釘煮と赤ワイン以上に不幸せな出会いがあろうか

赤ワインとイクラ、合わない! 赤ワインと数の子、合わない!
赤ワインとイクラ、合わない! 赤ワインと数の子、合わない!
いかなごのくぎ煮を食べて、何気なく赤ワインを飲んだらおどろいた。なんてまずいんだろう…。合う合わないというレベルではないぞこれは。

ワインと料理との奇跡的な組み合わせをマリアージュ(結婚)と呼ぶらしいがその逆だ。

だめなマリアージュを探そう。だめな奇跡を起こそう。
1980年生。明日のアーというコントのユニットをはじめました。動画コーナープープーテレビも担当。記事はまじめに書いてます

前の記事:「バスタオルなしで水着に着替える6つの方法」
人気記事:「リカちゃん人形をダンボールで作ると泣けます」

> 個人サイト Twitter(@ohkitashigeto) 明日のアー

赤ワインと魚はだめ

一般的に赤ワインは肉料理と、白ワインは魚料理と相性がいいらしい。一本400円だからという消極的な理由でワインを消費してる筆者でもこれは知ってる。

問題となったのはいかなごのくぎ煮(こうなごの佃煮)でやはり魚のものだ。だめなマリアージュはやはり海産物にひそんでるのではないか。
寿司をたべてワインを飲み、思ったことをすべて口に出して録音する
寿司をたべてワインを飲み、思ったことをすべて口に出して録音する

寿司でしらべればいいのでは

海のものをちょこちょこ食べるのには寿司のパックが便利だ。魚のネタだけたべて赤ワインと合わせていく。

マグロ、イカ、数の子、イクラ、ぶり、白身、エビ、カニ、玉子。魚卵系とのマリアージュが期待できそうだがはたして。

なお、レビューは思ったことをすべて口に出すというサトラレ方式で行なった。
その結果がこれだ。魚卵、次に甲殻類。だめなマリアージュ認定である
その結果がこれだ。魚卵、次に甲殻類。だめなマリアージュ認定である

ふつうの魚はすこしだめなくらい

基準となるのは玉子だろう、ここを合わない点数5点にした(ぴったり合ったら0点、最強に合わないと100点)。

白身の魚やマグロはどれも10点から15点。すこしなまぐさいかなというレベルだった。イカはそこからもう一段あがる。そのままだと気にしないなまぐささがワインであぶりだされた感じ。

さあ問題はこれからだ。匂いのつよい甲殻類である。ゆでたカニは40点で生のエビは45点。

■サトラレ方式によるカニの感想
「カニいってみようかな、細長いなカニ、カニってカニカマみたいだな、(食べる)うまいなあ、カニはカニだな、えらいな、(ワイン飲む)、くさっ、えらくないな、くさくて恥ずかしいな、カニは、全く変わるな、カニくささが別のカニくささになるな、40点」

■サトラレ方式によるエビの感想
「エビいってみようか、(食べる)あ、エビの匂いってあるな、エビってエビくさいんだな、(飲む)うん?、あ、ちょっとくさいな、あっ、くるなあ、エグミくるな、やっぱりくせえ、このやろう、くさいな、生だからかくるな、くせえ、エビ、くせえ、45点」
エビやカニがくさい。エグくてくさい。これが赤ワインのマジック
エビやカニがくさい。エグくてくさい。これが赤ワインのマジック

生魚<甲殻類<魚卵

甲殻類の後味はエグみに変わり、匂いがぬりかわる感じがする。エビくさくカニくさいものが角度を変えて急にイヤなものになってくる。

甲殻類、なかなかのだめなマリアージュ。結婚はすべてよいものとはかぎらない。

そして上には上がいる。魚卵である。イクラと数の子、この二つは甲殻類を上回った。

■数の子のサトラレ方式レビュー
「本命の数の子いってみようかな、(食べる)きそうだなこれ、(飲む)うん、わっかんねーな、あ、きた、くさくさくさ、くさ、なんの匂いだろうなこれ、きた…、きた…、65点くらいつけとこうかな、エグみ、数の子の後味と赤ワインの渋みがまじってエグミがすごいな、匂いはくさいとしか言いようがないな、あ、寝たいな、全部やめてもう寝たいな
魚卵のくささが急激に変化する。ふだんうまい棒食ってるソムリエが選んだ逸品
魚卵のくささが急激に変化する。ふだんうまい棒食ってるソムリエが選んだ逸品

特徴はそのままに印象がガラリと変わる

■イクラのサトラレ方式レビュー
「(食べる)イクラだなやっぱり、うまいうまい、(飲む)くせえ…、 くっせえ、くっせえ、生ぐさいな、あれだけうまかったのにすごいな、落差すごいな、化けの皮がはがれたような、付き合いたてのカップルのお互い好きなところが10年後イヤなところに変わってる感じかな、 お菓子の家をたべさせてくれたおばあさん家に泊まったら自分たちを太らせて食べようとしてきた感じあるな

魚卵はすごかった。もともと匂いがあるものだが、その匂いがイヤなものにかわる。魚卵がというより自分の舌がかわったような感じだ。あれだけ好きだったのにどうしてこんなにくさいのかと。

もしかして実際の結婚も……そんなことを思いついたが、うちの妻もこの原稿を読んでいる。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓