はっけんの水曜日 2015年4月22日
 

不思議な木鷽(きうそ)をもらいに大分に行った

!
「鷽(うそ)替え」という神事がある。神社から授けられる「木鷽」(鷽という鳥をかたどった木彫りの像)を、翌年新しい木鷽と交換し、「うそをまことに替える」という意味を持たせ、今年1年の幸せを祈念するというものだ。

主に天満宮で授与されるようだが、各々の神社ごとの個性が木鷽に表れていて、つい集めたくなるかわいさだ。

しかし最近、とんでもないかわいさの木鷽を知り、欲しくて欲しくて我慢がならなくなってしまった。
1970年群馬県生まれ。工作をしがちなため、各種素材や工具や作品で家が手狭になってきた。一生手狭なんだろう。出したものを片付けないからでもある。性格も雑だ。もう一生こうなんだろう。
> 個人サイト オツハタ万博

鷽とは

鷽という鳥については各自検索して欲しい。頭は黒く頬は桃色のかわいい奴で、それにだいいち鳥であるからして、それを像に表すとなれば嘴、羽、目玉などの特徴を捉えているはずである。

というわけで、まずは一般的(?)な木鷽を見て欲しい。
太宰府天満宮の木鷽(「日本のお守り 神さまとご利益がわかる」池田書店 より引用)。
太宰府天満宮の木鷽(「日本のお守り 神さまとご利益がわかる」池田書店 より引用)。
こちらは名古屋・桜天神社でいただいてきた木鷽。
こちらは名古屋・桜天神社でいただいてきた木鷽。
それぞれの意匠はまったく違ってはいるが、大筋の部分では既知の郷土玩具に通じるものがあり、理解の範囲内にある。

それがどうだ。
こ、これは・・・!こいつらはいったい何だ。(「日本のお守り 神さまとご利益がわかる」池田書店 より同じく引用)。
こ、これは・・・!こいつらはいったい何だ。(「日本のお守り 神さまとご利益がわかる」池田書店 より同じく引用)。
超・ゆるキャラである。フンフンフン♪と、どこからか踊り出てきた謎の妖精、という趣き。こんなプリミティブな造形、現存の郷土玩具界でそうそう見ることはできないのではと思う。これ・・・すごく欲しいです。

すぐにでももらいに行きたい、と思いはつのるが、これは毎年4月の第一日曜日に大分の角埋(つのむれ)神社で授与されるものだそうで、おいそれとは入手できないものなのだった。大分か・・・うん、遠いな。

以来、かの本をたびたび開いては、グラビアを見つめる男子学生のようにため息をついていたのだが、その4月が目前に迫ってきた。これは、もう、取材に行かねばなるまい。
特急ゆふ に乗って行ったわけですよ。
特急ゆふ に乗って行ったわけですよ。

まさに見切り発車

だが情報が少なかった。本やWebでかき集めて総合すると「大分の豊後森駅からバスで伏原バス停まで行き、そこから歩いて30分」というのが行程のようだ。角埋神社という文字は確かにGoogleMapに載っている。

とにかく、“豊後森駅から伏原”を念頭に置いて、そこからスマホを頼りに進んでいけば、何とかたどり着く、と踏んだ。

あと、開始時間や、注意事項などはどうなっているのか。鷽替え行事など初めてだし、だいいちどういうことをするのかもわかってないし、そもそもよそ者が参加していいのかどうかわからないし、取材も可能なのだろうか。

本にあった観光課に問い合わせると、だいたいの開始時間は教えてもらえたが、細かいことはその行事を仕切っている方に聞かないとわからないようである。おおぅ、もし行ってみて「取材せんといてくれ」などと言われたら・・・ただの旅行になってしまう。

というわけで、相当の不安を抱きつつ、とにかく出発したのだった。
「最寄駅」の豊後森。旧豊後森機関庫及び転車台があることで有名な駅だ。
「最寄駅」の豊後森。旧豊後森機関庫及び転車台があることで有名な駅だ。
とてもいい雰囲気の駅でビックリした(あの水戸岡さんデザインにより改修されたとのこと)。
とてもいい雰囲気の駅でビックリした(あの水戸岡さんデザインにより改修されたとのこと)。
朝11時から授与が始まると聞いていたので、10時過ぎには駅に着けばいいかと、前日の宿泊地・大分駅から8時過ぎの特急ゆふ に乗り込む。

1時間15分ほどで豊後森駅に到着。弱く雨が降っていて(ちなみに前日夜は大雨)、私の心をそのまま映しているかのような雨空である。
それなりに人の集まる駅前のようだが、まだ店は閉まっている時間。
それなりに人の集まる駅前のようだが、まだ店は閉まっている時間。
とにかくバスを探す。ロータリーに面してバス案内所(閉まっている)があり、窓に細かい路線図や時刻表が貼ってあるが、目当ての「伏原」というバス停がない。どこにもない。いきなり行き先がわからなくなった。

それでも神社近辺の地名などを頼りに、近いと思われるバス停を通るバスを、待つこと数分、バスは来た。いきなり解決(今思えばここでタクシーを使うべきだった。運命の分かれ道)。

後乗りで整理券を取って最前列に陣取り、どこで降りればいいのか五感を研ぎ澄まして(アナウンスを聞き逃さないように、ってレベルだが)険しい顔で待ち構える。
気さくに話しかけてくれる運転手さんだった。東京から取材、と言うと何で〜!?何かあったっけ??と驚かれた。
気さくに話しかけてくれる運転手さんだった。東京から取材、と言うと何で〜!?何かあったっけ??と驚かれた。
運転手さんに「本当は伏原ってとこで降りたかったんですけど、バス停ないんですかねー」と聞くと、そんなバス停知らないと言う。こっちが「何で〜!?」だ。

あとで聞いたら、違うバス会社の停留所のようだった・・・しかし検索サイトでも出てこないので、廃止されたのだろうか?結局謎である。
さて放り出された私はどこへ向かうのか。
さて放り出された私はどこへ向かうのか。
とにかくバスを降りた。あとはスマホ頼りに歩いていくしかない。
このあたりは寺が多く、寺町と呼ぶそうだ。城下町ということもあり、美観である。
このあたりは寺が多く、寺町と呼ぶそうだ。城下町ということもあり、美観である。
プロパンガスも寺町風にコーディネイトされている。
プロパンガスも寺町風にコーディネイトされている。
なかなかの街並みが続く。
なかなかの街並みが続く。

今私はどこに

ここらあたりまでは良かった。道は町の奥へと分け入ってゆく雰囲気になり、ひとり歩きの旅行者たる自分はどんどん心細くなっていく。
道順としては、なんとその看板のところを左折しろという。何かあるような雰囲気ではないが大丈夫か。
道順としては、なんとその看板のところを左折しろという。何かあるような雰囲気ではないが大丈夫か。
昨日の朝はうちにいたのに、今朝はひとりこんな他所様の町にいるなんて。
昨日の朝はうちにいたのに、今朝はひとりこんな他所様の町にいるなんて。
やがて集落の合間を縫うように道は延びていった。
やがて集落の合間を縫うように道は延びていった。
正直、このときは1歩ごとに「まいったなー」という気持ちで歩いていた。だんだんと少なくなる人家、そしてだんだんと登り斜面は険しくなっていく。

そもそも、今日は神事ということなのに、鷽替えに来たと思われる人をまだ1人も見ていない。予想では、善男善女が飛び飛びでも列をなし、山へと登っていく、はずなのだが・・・その列に着いていけば、自ずと神社にたどり着くと軽く考えていたのだ。

ふと、行く先になるであろう山のほうを見上げた。すると。
2本、紅白の幟が立っているのが見える。あそこだろうか。
2本、紅白の幟が立っているのが見える。あそこだろうか。
・・・あそこだろうか。
・・・あそこだろうか。
あそこかー。
あそこかー。
とにかく、戻ることはもうできない、行くしかない。

事前の情報で見た「ふもとのバス停から30分」という言葉を思い出し、その見つけられなかったバス停とは果たしてどのあたりだったのかを考えたが、怖くなってやめた。

自分はその地点をもう過ぎたのだろうか。それともまだその地点にも達してないのだろうか。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓