はっけんの水曜日 2015年4月22日
 

子供が考えた漢字をプロに清書してもらったら立派な漢字に

プロが清書すると立派な創作漢字に。
プロが清書すると立派な創作漢字に。
息子が漢字を全く覚えない。びっくりするほど覚えない。

漢字の宿題を一緒にすることがあるのだが、練習した漢字も1日たつと書き方はおろか、読み方さえ覚えてない。本人にきいてみると、漢字にまったく興味がないという。

そうか、興味がないか……。
鳥取県出身。東京都中央区在住。フリーライター(自称)。境界や境目がとてもきになる。尊敬する人はバッハ。
> 個人サイト 新ニホンケミカル TwitterID:tokyo26

勝手な漢字作るの楽しいよね

興味がないものを毎日勉強させられるのは、本人にとってもつらいだろうし、なにより身につかないのではないか?
いやいや宿題しても身につかないのでは?
いやいや宿題しても身につかないのでは?
じゃあ、覚えなくてもいい漢字、自分が勝手に考えた漢字を作ったらどうか? と提案してみたところ、乗ってきたので、漢字練習の合間に、息子と一緒に考えた漢字をノートに書き出すという遊びを始めてみた。

いわゆる「創作漢字」というやつだ。ぼくは子供の頃、わりと漢字が好きだったので(成績は悪かったけど)この遊びはよくやった。

子供の考える漢字は、漢字に対する知識や先入観がないぶん、大人が思う漢字像とかけ離れたアイデアをくり出してくる。

イメージのカオスから生まれる「野良漢字」

そんなわけで、息子が適当に考えて作った漢字を幾つか鑑賞してみたい。まずはこれ。

息子が最初に作った漢字、うかんむりみたいな物の下に車が2つ並んでいる。
これ、なんて字かわかります?
これ、なんて字かわかります?
「バイク」という漢字らしい。うかんむりの上の斜めの線がシート、下の車はタイヤを表す。
一生懸命かきました!
一生懸命かきました!
ハンドルやエンジンみたいなわかりやすい場所ではなく、タイヤとシートの傾斜という微妙にわかりにくい部分をフィーチャーした漢字だ。そうか、そっちか、シートか。という思いがわいてくる。

続いてはこちら。
食べものです
食べものです
「あまいってどう書くの?」と聞くので教えたらこんなのを考え出した。田に甘。チョコレート(板チョコ)だ。

板チョコの象形「田」と、それが「甘い」という意符。会意文字? の仲間にはいるだろうか?
最初の絵がチョコレートじゃなくて薬物に見えるというクレームはひとまず置いて、田と甘のアンバランスさがいい
最初の絵がチョコレートじゃなくて薬物に見えるというクレームはひとまず置いて、田と甘のアンバランスさがいい
大人なら「左側の田を小さくして甘を大きく書くとバランスが漢字っぽくなるな」とか、よこしまなことを考えがちだが、そのへんは気にしてないのがおもしろい。

まあ、勝手に作る漢字なのでそのへんはどうでもいい。
大人が作るとあざとさが……
大人が作るとあざとさが……
ちなみのこの「ココア」という漢字はぼくが作った。

カタカナの「ココア」を組み合わせて漢字っぽくしたのだが、アを「阝(こざとへん)」で表現するあたり、なんだか大人のあざとさ出てしまっている。かっこ良く見せようという思いがじんわり伝わってきて、ちょっときはずかしい。
大好きなイカの漢字を作ってみたけど、やっぱりどこかこざかしい
大好きなイカの漢字を作ってみたけど、やっぱりどこかこざかしい
それに比べて、子供の作る漢字はケレン味がなくていい。

もっと、子供の作る粗野で荒削りな「野良漢字」をみてみたい。「あー、なるほどそう来たか」という、歯に挟まってたネギがとれる感じのアハ体験をもっとしたい。

 ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓